アニメ、ゲーム、フィギュア、コミックなど興味ある分野の感想を、自由気ままにつづるブログです-since 2007/9/1-
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


ライドは余計な事をしたと三日月に謝ってたけど、そのお陰でプラントの人々は全滅して後顧の憂いを一つ絶てたんじゃないか・・・と、皮肉を言ってみる。マクギリス対ヴィダールを期待したけど、ヴィダール撤退で戦いは不成立。まぁここで争ってる場合じゃないしな。アキヒロってば、鼻血吹いて気絶する程MAに興奮しちゃったのか(笑)

ジュリエッタの気苦労は絶えないね。もうさ、イオクは逝かせてやればいいだろって思うんだよ・・・。飽きれたジュリエッタの顔が自分と重なって見えた。彼を見てると、言い方は下品ですが、MA戦は鼻でもほじって笑いながら見てねという脚本からのメッセージじゃないかと思う。

戦いが混迷する一方、アトラとクーデリアは恋話に頬を赤らめていた。・・・クーデリアは命懸ける覚悟なんですよね?マクギリスは手柄を総取りして鉄華団との立場をハッキリさせたい。オルガは面子に拘らずマクギリスを頼りにしMAを破壊したい。そして、おやっさんは火星の王になるには手柄を取らせたくないとオルガを煽る煽る。自分が戦うなら煽るのは分かるけど、おやっさんは前線で戦わないからいくらでも言えるよね。

マクギリスは2期になって弱くなった様に見えるのは、やっぱり機体性能が問題かな。カルタの同型機では強敵相手には厳しいかと。早く自身のガンダムフレームを手に入れよう!次回こそ三日月無双なんですかね。予告を見ると無事MAを倒してみんな無事と分かるので、次回は消化試合かな?三日月が強さを得る代償は右目と右足以外にも増えるのかね。

あと、MAを初めて見た時から何かのデザインと似てると思たら、魔神英雄伝ワタルの龍王丸の飛行形態に似てた。

img_6.jpgma.jpg
天使だの悪魔だの意思を持った様な兵器だの、何だかガンダムAGE臭がしてきたぞ!身を挺してイオクを逃す部下の行動にはグッと来たけど、泣きながら敗走するイオクには大いに笑った。ジュリエッタはイオクを心配するより、生きていた事と面倒を引き起こした事にキレてたし、他のキャラも特別心配はしてなかったしな。改めて、イオクはシリアスをやるキャラじゃないと感じたシーンですね。

マクギリスが語る、かつてMAが人類の4分の1を殺したという話にその場にいる誰しもが驚・・・かないのかよ!「ふ~ん・・・」っていう感じだったし、誰か一人は驚けよ(笑)。ザックのチャラい態度と三日月の無関心過ぎる態度と相まって、MAによる殺戮に全く緊張が感じられなかった。

クーデリアは避難せず自分の仕事に命を懸けたいと言ってたけど、結局傷付いたり命を散らすのは他人なんですけどね。逃げおおせたと思ったイオクが余計な事をしでかしたせいで、事態は大混乱。「見たか!正義の一撃!」というセリフには思わず噴き出しそうになった(笑)。名言の「なん・・・だと!?」も頂きました!脚本はMA戦をギャグにしたいのかと思った。

ライドはあの場で死んだ方が盛り上がったと思うんだけどね。ピンチに駆けつける展開は盛り上がるけどベタ過ぎてちょっと・・・。個人的には、仲間の死に怒りで戦う流れの方が良かった。一般人は大量に死んだけど、イケメンショタは助かったか。次回は三日月無双とマクギリスとヴィダールの因縁の対決が見られる?あと、テロップで紹介されてたけど、ガンダムもユーチューバーとコラボするようで。はじめしゃちょーもHIKAKINも名前は聞いた事あるけど、全く興味が無い自分にとっては全くどうでもいいコラボです。
MSはMAを破壊する為に造られた。そういえば、オルフェンズはガンダムなのに今までMAの登場は無かったね。三日月が13歳という年の割にあまり学が無いキャラなのは過去の生き方故だけど、金の使い方を知らなさ過ぎると憐れむ様なクーデリアの秘書の言い方が気になったな。三日月を卑下し過ぎじゃないか?で、シノは風俗店で女性で失敗した模様。ナニをしでかしたんだよ(笑)

イオクを見てると自然と笑いがこみ上げて来て、彼への「軽い扱い」がカルタの後を追いそうな気がしてならない。イオクのMSに反応して殺戮MAが起動。ヤバいMAというと、アプサラスとかラフレシアみたいな感じ?イオクはどうせ三日月が無惨に殺すんだろうなと思ってたけどそうでは無いような。予告を見ると三日月は戦わず、イオクのMS若干ボコボコだったのはMAに殺られるフラグ?と思ったけど、イオクが死ぬにはまだ早い。
「軍備を増強すれば鉄華団に手を出してくる連中はそうはいない」とおやっさんは言うけど、それは一体誰の事を指してるんですかね。メリビットも鉄華団に悪魔のガンダムフレームが集中する事を「嫌な予感」としてるけど、自分もそう感じる。鉄華団の目的は平和ではなく火星の支配だからな。ていうか、2人がラブラブな恋人だった事が衝撃的過ぎる!薄い本に期待が掛かります(笑)

閑話休題。鉄華団とマクギリスの密約をテイワズの幹部が知れば、当然いい顔しないよね。名瀬は庇ってくれたけど、彼の協力はもう当てに出来ないし、本当に腹を斬るような事にならなければいいけど・・・。ヴィダールの戦う目的が「復讐」なのはマクギリスへ事。MSの名称には自身の名前を付けMSと一体となるのは亡きアインのを思って?

イオクは今回もお笑い要員でしたね。夜明けの地平線団との戦いで初出撃したシーンは当初は真面目な扱いだったけど、放送時の様な若干笑いを含んだ緩いシーンに変更になったと、雑誌の特集にあったのを思い出した。三日月無双は飽きたし、ヴィダールがそれを打破してくれると期待してる。鉄華団かタービンズのメインキャラを一人くらい葬むるくらいの力は示して欲しいね。

最後、よーL”ヨに膝枕したり対面座位したり鼻同士くっ付けるマクギリスは通報すべきだと思う!これはヴィダールが復讐したくなるのも当然だな!
2期はマクギリスの話が面白い。組織改革に関してラスタルとの駆け引きやヴィダールとの因縁、前回の戦いの様に必ずしも万能では無い部分が垣間見えたりする。ガエリオを切り捨てる非情さを含めても、今のマクギリスに共感出来る所が多いと感じるんですよね。大人が主人公のTVシリーズのガンダムはGガンダムだけだし。

今はマクギリスと鉄華団は協力関係にあるけど、将来的には解消されるだろうな。その時、マクギリスと鉄華団のどちらに共感出来るんだろ。マクギリスに付いて行けばゆくゆくは鉄華団が火星の王として火星を「支配」する。オルガは乗り気。話と通せばテイワズより強大な組織になれると思い込んでる辺り、マクギリスの火星支配権の話は結構危険だよなぁ。名瀬の理解だけで済む話じゃないし。

今回印象的だったのはやっぱりタカキの火星の王反対と退団。前者は三日月にこそ言って欲しい事だったけど、オルガに絶対服従だから反対はしないよな。闇堕ち寸前でとどまってちゃんと自分の考えを言えたのはさすが。鉄華団より本当の家族を大切にしろという三日月の考えは、33話にして初めての変化?

最後、鉄華団の制服を脱いで普通の子供になって妹と家に帰るシーンは、かなりグッと来た・・・。彼みたいな「良心」こそ残って欲しかったけど、あのまま残ってたら妹が天涯孤独になりかねなしね。タカヒロとラフタは事実上のカップルだけど、2人あるいは一方が死ぬ展開あるのかな。美男美女だし人気キャラだからフラグは回避するだろけど。
余裕と思ってたマクギリスが機体を損傷させ且つ焦った顔が見られるとは思わなかったな。三日月の介入が遅ければ恐らく死んでたろうね。マクギリスはアストンを殺したけど、それで彼を責める事は出来ないよなぁ。

マクギリスが「味方」と知るのは鉄華団の一部だけでタカキ達は知らなかったし、ガランの扇動に乗ってしまったタカキの方が責任が大きい。ま、その責任の取り方がラディーチェへに対するケジメなんだろけど。騒動の首謀者のラディーチェはタカキが殺したけど、やられたらやり返すというのばかりでちょっと飽きる。相変わらず直ぐ殺したがる三日月は1期から全然成長しないのも同じ。

ガンダムは戦争物。主義主張のぶつかり合い。その中で人が死ぬけど、オルフェンズの戦いは自分の主張を通す為のただの殺し合いにしか思えないんだよね・・・。特に鉄華団には。アストンは戦闘前に死亡フラグ立ててたから、驚きは無いし死んだことも悲しいとは感じなかった。あと彼の死に様がビスケットの時と似てた様に思えた。