アニメ、ゲーム、フィギュア、コミックなど興味ある分野の感想を、自由気ままにつづるブログです-since 2007/9/1-
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やり方に問題は有れどマクギリスの組織改革は納得出来るし、ラスタルのマクギリス批判も間違っていない。どちらが正義で悪という形にハマらないのはガンダムらしい構図だけど、今の鉄華団には共感する余地は皆無。メインヒロインのクーデリアは何やら決意を語ってたけど、未だ行動を起こさず椅子に座ってただ祈るだけ。唯一共感出来るのがガエリオ一人というのは寂しいな・・・。

次回から最終回までは恐らく各勢力、各ライバルとの決着回になると思うけど、MAの虐殺の過去がマクギリスのセリフでサラッと語られて終わった様に、ギャラルホルンの基礎を作ったアグニカ・カイエルは顔も出ず詳しい過去も語られないまま終わりそうなのは残念。一話程度は時間を割いても良かったかと。しかし、バエルは遺物だからと存在に意味が無くなってたのは笑った・・・。

アリアンロッド艦隊との戦いが「最後」だからと、鉄華団には笑顔や笑いがある等のお気楽ムードが漂ってたけど、最後の戦いではなく最期の戦いになったりしてね。そう予想する声も多いし。最後、アトラを抱きしめる三日月が急に人間ぽい行動に出てたけど今更感は否めない。そういう成長は1期から徐々にやっておけば、感慨深いシーンになってたかもね。小作りネタがまだ生きてるなら、きっとあのタイミングで「仕込んだ」と思うけど、その辺はどうなんだ!?
前回までの復讐劇はオチが詰まらなくて不完全燃焼気味でしたが、マクギリスの話は別格で非常に面白い。しかし、少年時代に義父に抱かれて「掘られてた」とはなぁ。男女の事後は過去のガンダムでもあったから特に気にならないけど、男同士のベッドシーンを夕方に放送するのはマズいんじゃない?百歩譲って虐待はアリとしても、事後を思わせる小児性愛を夕方にやる脚本の神経が理解出来ない。

遂にヴィダールの素顔が明らかになりましたが、それがまさかガエリオだったとは!(棒)。初登場で正体バレてたから何の驚きもありゃしませんわ・・・。ガエリオもマクギリスも阿頼耶識の処置を施しており、それがMAの対抗手段でもあったと。ガエリオはアインの脳と接続して「1+1は2じゃないぞ。オレたちは1+1で200だ。10倍だぞ10倍」方式でパワーアップ!もう三日月無双に泣かされたりしない!・・・ハズ。

前回も書いたけど、マクギリスとガエリオ。男同士の激しい感情のぶつかり合いにクーデリアをどう絡ませるのかね。今回は予告が無かったですが、代わりに新番組の予告がありましたな。オルフェンズ2期で日曜夕方のアニメ枠が無くなるんでしたっけ?
冒頭のメリビットのセリフが如何にも極道モノという内容でしたね。極道、任侠、ヤクザ。個人的にもですが、このアニメをそういう風に思ってる人も居るようで。夜明けの地平線団のサンドバル・ロイター。鉄華団地球支部の裏切り者ラディーチェ。鉄華団の敵は総じて弱くて一方的な決着ばかり。ガラン・モッサとMAはそれなりに強かったけど、前者はアキヒロ無双。後者は三日月無双だったから・・・。

約一ヵ月続いた内輪もめは、例の如く三日月がアシュレイを潰して決着。彼が余りにも小物過ぎて、死んで溜飲下がる所か逆にモヤモヤした気持ちになった。復讐に燃えていたイオクといえば、数々の悪行が露顕して今回出番無し!今回で一応、鉄華団の復讐劇は終わったから、一旦は狙われる事は無くなってもう少し長生き出来るか?

ガンダムシリーズ一地味なヒロインのクーデリア。2期の何話だったか覚えてませんが、蒔苗東護ノ介に大層な事を言ってた気がするけど、残り8話。革命の乙女はいつ行動を起こすのかね。ギャラルホルンの革命がラストエピソードになるんだろうけど、クーデリアが話に関わる余地はどれ程あるのかな。鉄華団に火星の王に加えて世界の変革者という大それた目標が出来ましたが、オルガと三日月が目指す皆が笑って暮らせる世界を作れるのか疑問。オルフェンズはハッピーエンドで無い方が面白そうだけど・・・。
MSや戦艦を回収するのは敵情報を知る為と分かるけど、遺体も回収する意味は何だろ?司法解剖した所で名瀬とアミダは阿頼耶識システムの処置をしてないし、遺体を見せしめに使うとも思えない。「人質」にでもするのか?イオクは前回はどこの感想でも叩かれまくってたけど、中の人に突撃した輩が居なかった心配ですね。SEED DESTINYではキャラだけでなく声優も叩かれて辛い思いをしたそうですから・・・。

ラスタルに自らの行いをよく考えろと言われてたけど、当のイオクは「自分何かしましたか?」みたいな顔してイマイチ分かってないご様子。今回は露骨にアキヒロXラフタ推しだったので、確信は無かったけど遂にラフタにフラグが立ったと覚悟しましたが、まさか射殺とはね。ラフタの殺し方は三日月に倣って銃を無慈悲にパン!パン!パン!アキヒロ怒って弔い合戦だ!と怒り心頭の鉄華団。このアニメは殺られたら殺り返すのがパターンだから「またそれか」と思いました。

予告のジャスレイの焦り顔を見る限り、アキヒロがジャスレイを無惨に殺すんだろうな。今度は三日月も参戦するから、イオクは三日月が殺すのかな?イオクの様な軍人は戦闘で殺すより、地位と名誉を奪って社会的組織的に抹殺するのが効果的。個人的にはその展開が見たいけど、まぁ無理かな。内輪もめの話は次回で終わる?
今回は名瀬とアミダが散るには相応しい舞台だったのに、イオク言動で全てが台無し。イオクは大馬鹿者だけど騎士道を重んじる武人と思っていただけに残念でならない。証拠のねつ造。条約禁止兵器使用。味方への砲撃。ラフタルの為に名瀬の停戦信号を無視して輸送艇容赦無く攻撃。アミダの特攻を潰して「万歳ヤッターッ!」・・・。

シリアスを和ませようとするのはたぶん脚本のクセや監督、シリーズ構成の意図もあるだろうけど、今回はそれはすべきじゃなかった。そのせいで名瀬とアミダのラストシーンが全く泣けなかった。明確に戦死したシーンが無かったからイオクは恐らく生きてるだろうけど、ここは名瀬と相打ちでも良かった気がする。オルフェンズの唯一ダメな所は、シリアスをしっかりやり切れない事だよなぁ。名瀬とアミダが戦死したのに、予告でのラフタのユルいセリフも酷い・・・。
冒頭からのろ気を見せられると、文字通り「爆ぜろ!」と思いたくなる。イオクに政治を語られると「お前が言うな」と言いたくなる。感情の赴くままに突っ走るその様を見てるとSEEDのカガリを思い出す。アレも感情だけで政治をやったせいで国が大混乱に陥ったしね。イオクの率直さ(単純さ)と熱意(熱血バカ)が人を動かすbyラスタル。・・・買い被りじゃないですか?第2期の後半が始まっても相変わらず道化のイオク様。

アトラの赤ちゃんネタはまだ続いてたか。思っていた通り、子供が出来れば男をその場に留めさせられると考えていたようで。自分すら無関心で人間味を感じさせない三日月が子育てをするとは思えないけど。クーデリアと、先に三日月の子を身ごもった方が勝ちという競争を開始!・・・妊活頑張って下さい。子供の赤ちゃん話より、名瀬とアミダの大人の「事後」の方が断然興奮しました(笑)

仕事を通じてアミダと出会って合体して、行き場のない女を守る為にタービンズを作ってテイワズの傘下に入った。良い話じゃないですか。その名瀬はイオクにハメられて大ピンチ。タービンズにもエースパイロットは居るけど、次回の戦闘に三日月は参戦しないようだし、アリアンロッドを相手に全員無事でいられるかだね。一応、ラフタは冒頭に死亡フラグは立ててますけど、美少女キャラだから死なない可能性はある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。