FC2ブログ

キディ・ガーランド #14「出逢いの刻」。そういえばやってなかったね。

ここでは、「キディ・ガーランド #14「出逢いの刻」。そういえばやってなかったね。」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


再び頭の悪さ、じゃなくて痛みを感じたク・フィーユは、記憶に変調をきたし・・・。ク・フィーユは、ESメンバーとなる為に創られてから7年半。ディアとは外見は違えどほぼ同じ歳。力を使うほどに記憶を少し失うリスクがあるっぽい。エクリプスはク・フィーユを創った後に死亡してのか。死因は不明ですが、力を使い果たしての衰弱?

そして、過去の記憶の大半を忘れかけてたク・フィーユは、アスクールとの出逢いの映像を見ることに。2人は昔からパートナではなかく、アスクールは街の用心棒で、ク・フィーユはその街の軍警察の不正を調査しに来たGTOの捜査官。アスクールに街の事情を聞く為に仲良く連れション(笑)。敵に追われる中で深まる友情というのは、ベタだけど良いシーンなんじゃないかな。

アスクールもク・フィーユと同様に子供の頃の記憶が無く、カプセルで目覚めたとか。アスクールにも秘密があるっぽいし、もしかしたら彼女の創られた存在だったりしてね。お姉ちゃんが弟の体を使って交信してたとはいえ、トゥイードゥルダムがオネエ言葉を喋ってたのは気持ち悪かったなぁ。でも、中の人も案外こういう役が合ってるかも。

自爆覚悟のブロンコからアスクールが瞬間移動を使って起爆スイッチを奪い、ブロンコを逮捕。予知能力の無いアスクールが、ブロンコの自爆を分ったのは、手錠で繋がれてたク・フィーユと能力の共鳴をしたから。それは2人がパートナーの証ということで、アスクールはGTOへ。

握手する映像を見てク・フィーユの欠落した記憶が蘇り、記憶に関するリスクが無くなったかのかは不明だけど、とりあえず心の不安は解消。今回は珍しく良いラストでした。次回はガクトエルがGTOに乗り込んできてアスクールと対決?

キディ・ガーランド 挿入歌集キディ・ガーランド 挿入歌集
(2009/12/23)
トロワジェイン(ゆかな),アスクール(内田彩),ディア(高橋夢波),タマ(若本規夫) ク・フィーユ(合田彩)ク・フィーユ&トロワジェイン(合田彩&ゆかな)

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/888-6d533e3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック