FC2ブログ

夏のあらし!春夏冬中 第12話「レーダーマン」。

ここでは、「夏のあらし!春夏冬中 第12話「レーダーマン」。」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


方舟のメンツはこぞって「変態」呼ばわりする、キスシーンの描写に悩む女性漫画家の穴守好実。中の人は「小林画伯」。妙に納得のキャスティング(汗)。絵を描く手伝いを頼まれた小夜子だけど、キスの実践だと知って石化(笑)。編集の梅屋敷が加奈子の変装かと思ったら別人でした。啖呵を切ってキスを請け負った小夜子に嫉妬気味のカヤが面白かったね。

小夜子とカヤでキス。唇がくっつく間際で、ギョーザを食ったカヤの口の臭さで断念(笑)。やよゐとキスは加奈子のスケバンヨーヨーで、加奈子とのキスは彼女のキス経験済み疑惑にやよゐが愕然としてこれまた断念。加奈子が小夜子の腰に手を回すのは、きっと慣れてるに違いないナ。

はじめとジュンがキスを小夜子が、「高○健よ!」と叫んで止めさせたのは、嫉妬からくるウソだろうね。口では否定しても、はじめが自分以外とキスをするのは許せないってことですか。穴守と小夜子のキスを、今度ははじめが妨害したのも同じ理由かもね。誰ともキスは成立しなかったけど漫画は完成。穴守の正体は、方舟の常連の十五流 一夫でしたと。塩谷と同様、まったくナゾなキャラだな。

一人方舟の屋根でたそがれる小夜子は、はじめのおでこにキス。はじめが最初に、小夜子とのキスを断固拒否したのは、人の居ないちゃんとした状況でしたかったからとか。子供の割りにしっかりしてるというか、むしろませてる中学なことで。結局2人は相思相愛なのね。次回、最終回。1期の最終話みたく、意味不明でツッコミ甲斐のあるおバカな話を期待したいね!

夏のあらし!~春夏冬中~キャラクターソングアルバム夏のあらし!~春夏冬中~キャラクターソングアルバム
(2009/12/23)
TVサントラ塩谷(杉田智和)

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/866-d9d26df8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック