FC2ブログ

君に届け episode.11「とくべつ?」。人気者と陰気者。そして翔太の焦り。

ここでは、「君に届け episode.11「とくべつ?」。人気者と陰気者。そして翔太の焦り。」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


前回発売前の原作掲載雑誌で、原作組・アニメ組共々盛大なネタバレがあったけど、分かったのは「結果だけ」。「過程」はバレてないし、爽子と翔太の歯の浮くラヴラヴぶりが見られればいいかな、と思う君に届け第11話。梅の相談を断った爽子に、「自分は風早に似合わない?」と聞き返してたけど、梅って二面性のギャップが大きすぎるんだよなぁ。

相談には乗れないけど話なら聞けるよという爽子に、梅が「うぜぇ~・・・」の一言。藪を突いて鬼が出ましたよっと。翔太が爽子を好きになったのは決して親切心ではなく、飾らない振る舞いの結果なんだよね。しかし梅は、自分で自分を「可愛くて人気者」と言ってれば世話ないって。

体育祭当日。矢野に髪をまとめてもらう爽子を見る翔太の微笑みと気合注入にほのぼの。サッカーの試合でボールを蹴れたのは、翔太との放課後個人レッスンのお陰ですが、ボールと一緒に飛んで行った靴は、梅の頭にパイルダーオン!・・・ギャグ?靴を届けに来た梅はキレるかと思ったけど、人前もあってか怒り笑顔でニッコリ。人気者はキャラ作りが大変だ。

梅がコンプレックスを抱く自分の名前は、ばぁちゃんがつけてくれたものなんだね。でも、DQNネームにされるよか全然いい名前だと思うけどな。またまた「梅ちゃんと」と呼んでしまった爽子は、梅ノートに名を刻むことに(笑)。爽子の前ではイラッとして本性でるというのは、裏を返せば、爽子の前では素直になれるとも取れるね。

爽子についてクラスメイトが、「実は・・・」と言った時の翔太の動揺は意外だったね。さらに、まだ苗字でしか呼べてないのに、龍が「黒沼」ではなく名前で呼んだ事にもあからさまに焦ってたな。極めつけは、爽子への暴投を格好良くキャッチして救ったりして、これは同性でも惚れてしまうわ。そして、爽子と龍をくっ付けようと画策する梅。せっかく、嫌味キャラだけどいい方向に印象が傾いてたのに、最後に今回一番の黒い部分を出しちゃってまったく・・・。次回、梅VS矢野?

君に届け VOL.2 [DVD]君に届け VOL.2 [DVD]
(2010/01/27)
沢城みゆき三瓶由布子

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/861-23ab52dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック