FC2ブログ

キディ・ガーランド #2「甘い、罠」。どうしてこうなった?

ここでは、「キディ・ガーランド #2「甘い、罠」。どうしてこうなった?」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


「罠」といえば、1期第2話でエクレールとリュミエールが罠にはまって死にそうな目に会ってましたが、あちらはマジメな罠でしたけどね。1話でパンツ、2話はお風呂のサービスシーン。ク・フィーユアのアングルからはアスクールのVゾーンがもろ見えなわけですが、そこはキャラじゃなくて視聴者が見る所ですヨ!あくまで見せないつもりか。

アスクールがもの凄く食べるのを楽しみにしていたカボチャケーキは、ピタゴラスイッチによって台無し。新たなケーキを食べるべく、2人はGTO本局に侵入することに。ケーキごときで危険を冒すというのがよく分からないけど、「甘い、罠」とはこういう事だったんですね。警備システムを気に留めないアスクールって、こんな調子で正式なESメンバーになれるのか?

アイキャッチはア○パ○マンネタ。このパートはギャグで行くのかね。そしてここで第1の罠の阿○さん登場!こういう小ネタは要らないよなぁ。第2の罠はボイスチェンジャーで、アスクールがギ○ンで、ク・フィーユがラ○ウ。大御所2人にこんなパロディを演じて頂くのは贅沢な起用ですね。ラ○ウの名セリフまで出ちゃいましたよ。あれは格言だよなぁ。

第3の罠は、脂ぎっしゅなデブ男の橋。アスクールは転んでデブ男のVゾーンに顔を直撃でしたが、コマ送りで見るとTAMAの輪郭がすっごくキモいです。ここまでやると、もうキディ・グレイドの続編とは思いたくないくらい別アニメですね。第4の罠はム○カ大佐で、第5話アフロ。ここまでくると、見てて気持ちが冷めていくのがはっきり分かりましたよ。ネタが完全に空回り。

自己犠牲でアスクールを先に行かせるシーンはマジメな話だったら良いシーンだけど、プリンを食べる為に犠牲というのだから感動もあったもんじゃないです。最後はゴール目前で罠に掛かり、結局プリンは食べられず。2期は萌えとパロディ路線で行くのかな?1期のストーリーが好きだった人にとっては辛い話だったんじゃないかな。自分はキツかったです。第2話はテンションガタ落ち。

キディ・ガーランド ぴゅあ (1) (角川コミックス・エース 247-1)キディ・ガーランド ぴゅあ (1) (角川コミックス・エース 247-1)
(2009/09/26)
緋賀 ゆかりきむらひでふみ

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/820-4964d28c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
お団子頭のドゥルディーさんは、前回の件を参考に迎撃システムを開発してた。アスクールさんは、仕込みをしてた。そして、約束のカボチャプリンを渡す。冷蔵庫にプリンをいれてから、52回も開閉してた。そして、ミヌさんは料理を作る。料理食べた後、入浴シーンに移る。...
2010/01/02(土) | ぺろぺろキャンディー