FC2ブログ

夏のあらし!春夏冬中 第3話「時をかける少女」

ここでは、「夏のあらし!春夏冬中 第3話「時をかける少女」」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


1期Cパートがネタをマンガから料理に変え帰って来た!やよゐと加奈子のセリフから、グラサンが注文した色鮮やかな料理はそう、ルービックキューブ!っておいッ(笑)。グラサンは2人から生存ENを吸われているせいで毎日ゲッソリ。このままじゃ体が持たないということでやよゐの新しいパートナーを探すことに。

今回はやたらポーズを付けて踊るマスターが、極僅かながら可愛い気がしないでもないことは無かったです。山代がやよゐのパートー候補なのは出来すぎて納得いかなと思ったら、通じた相手は彼の飼い犬のセントバーナードでした。人じゃなくて犬かよ(笑)。山代を狙うマスター、まるで獲物を狙う蛇の様でしたが四捨五入で20歳とのなると焦りが出てくるのかねぇ。

Bパートは別の話。小夜子とのある劇的な出会いが、はじめにとって彼女に心を開く大きな経験だったらしいけど肝心の小夜子はまったく覚えてないと。マスター曰く「相当みだらな経験」をしたらしいけど、そういうことはマスターの専売特許でしょ。記憶を思い出す為、小夜子は眠るはじめと共に彼と出会った時にジャンプ。やっぱ小夜子のヘソはいい・・・。

今回のサービスシーンは小夜子のシャワーですか。なかなか良いモノをお持ちで。小夜子と出会った直後の過去のはじめは、飛んできた現在の彼女の存在を認められず逃げて隠れてたと。しかし難しい宇宙理論を展開する割りに、10Mジャンプ理論に関してはおバカなんだよね。スパゲッティのレシピなんて関係ないじゃんか。

逃げるはじめを追いかける小夜子の、「もうおつむに来た!」のセリフがちょっと抜けた感じがして面白かったなぁ。小夜子に抱きかかえられ、幽霊なのに人間らしい温もりを感じた時から彼女に恋に落ちたその経験が、はじめにとっての大きな経験というわけね。現在の小夜子は過去のはじめの気持ちを知って嬉しそうでしたが、それを見ていたジュンは小夜子の胸の内を知ってるだけに複雑な気持ち。やっぱ、この話で最後に何かやるのかな。

おやすみパラドックスおやすみパラドックス
(2009/10/21)
やくしまるえつこ

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/816-e5f9d4ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
グラサンは出前のハムチーズサンドの注文をとる。しかし、ヤヨイは名前を忘れてしまったため、料理の説明をする。これは、前の形式だな。そして、グラサンにルービックキューブをもってくる。そして、箱舟にグラサンやってくる。グラサンは、夏バテだった。原因は、あの二...
2010/01/01(金) | ぺろぺろキャンディー