FC2ブログ

戦場のヴァルキュリア 最終章「決戦」。完。

ここでは、「戦場のヴァルキュリア 最終章「決戦」。完。」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


※感想長め。戦艦マーモスに突入した第7小隊。ウェルキンは仲間の支援でアリシア奪回を目指すことに。マクシミリアンはアリシアに、セルベリアを死に追いやったことを非難してたけど、死を選択するように冷遇して扱ってきたマクシミリアンの方がよっぽど悪だろうさ。アリシアに手を上げやがりましたな!このキチク!

一方、ウェルキンをアリシアの元へ向かわせたいファルディオは脇腹に被弾。「ここは俺が何とかするから先に行け」とか言うのはお決まりの死亡パターンだよね。最期は敵兵を道連れに自爆。この結果が良かったかどうかは分らないけど、被弾した時点で助からなさそうだったし、アリシアの件も考えると妥当なのかな・・・。

ウェルキンはマーモスの甲板で、人造ヴァルキュリアシステムを装備したスーパー・マクシミリアン(勝手に命名)と対峙。人間があんな武器を使っては、もはや生身の兵は不要だナ。圧倒的な力の人造ヴァルキュリアシステムは、器がラグナイトのENを制御出来ず暴走。ま、最強兵器には大抵欠点があるものですね。

ウェルキンのピンチに、アリシア完全覚醒。ラグナイトのENを逆流させられたマクシミリアンは、血管が膨張して吐血。最期は暴走した人造ヴァルキュリアシステムにのまれて死亡。ちょっとあっけなかったかな。ラスボスだし、直接対決は2周は引っ張っても良かったかもね。

アリシアはヴァルキュリアの力が暴走する中、ウェルキンに抱きしめられ愛の告白を受け赤面。この一言を言うまでがほんっっっとに長かった・・・。さらにキスをして暴走は収まり、セルベリアの二の舞は回避されました。お熱いことで。爆発するマーモスを背景に2人が帰還し駆け寄る第7小隊というシーンはベタだけど、良いシーンだったなぁ。帝国の本国に攻めるまではやらなかったけど、これで良いんじゃないかな。帝国とガリアで休戦協定が結ばれ、戦争終結・・・。

エンディングは各キャラの戦後の様子。ヅラ姫は正体を明らかにしちゃったけど、混乱とか無かったのかね。ラルゴとバーロットは、ヤンの悔し涙を見る限り寄りを戻したとか?イエーガーはやっぱり生きてました。結局、マクシミリアンは撃たなかったのかな。少しは良心があったのかもね。ハンスはマリーナに引き取られ、ザカはロージーと共に旅に。

そして、アリシアとウェルキンは、第2話で誓いを立てたコナユキ草の咲く丘で、手を繋ぎながら2人で戦後の世で出来ることを探すことを決意し、ストーリー完結。いろいろツッコミたい所があるけど、個人的には良い最後だったと思います。アニメだから仕方ないけど、原作とは大分ストーリーが異なる様ですし、削られたエピソードもあるとか。今テイルズ・オブ・ヴェスペリアをプレイしてますが、それが終わったらヴァルキュリアをプレイするつもりです。

戦場のヴァルキュリア PLAYSTATION 3 the Best戦場のヴァルキュリア PLAYSTATION 3 the Best
(2009/03/05)
PLAYSTATION 3

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/800-55fd665f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック