FC2ブログ

戦場のヴァルキュリア 第二十四章「決意」。ヅラ姫の真実、セルベリアの想い。そしてキチク上官。

ここでは、「戦場のヴァルキュリア 第二十四章「決意」。ヅラ姫の真実、セルベリアの想い。そしてキチク上官。」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


超人バトルROUND2。ROUND1以上に凄い戦いですね。ダモンはアリシアへの侮辱やワガママを言いたい放題。誰かコイツの口を永遠にふさいでくれ・・・。アリシアは強いけど、セルベリアの押され気味。2人の最終バトルだけあって、バトル全体の作画だけでなく鬼の形相ばりの顔が恐いんだけど・・・。

戦いの中でセルベリアの過去が流れてましたが、施設で1人ぼっちだった彼女が脱走して追われる所をマクシミリアンに拾われ、A-1号の名前しかなかったのを「セルベリア」という名前を貰い、人として扱ってくれた彼の為に尽くそうと思ったようですね。マクシミリアンはその想いの気付いるけど、単に表に出さないだけだとずっと思ってたのに、あのオトコときたら・・・。

コーデリアに停戦を持ちかけたのは、彼女と政略結婚をしてガリアの王位を継ぎたかったから。でもそこで明らかになったのは、コーデリアはヴァルキュリアの末裔どころかカツラで髪を隠してたダルクス人でした。カツラ詐欺だ!そんな事を教えられれば、さすがのマクシミリアンも驚くわ。

ウェルキンがアリシアへも想いを自覚し、第7小隊のメンバーと共にアリシアの支援に向かおうとしてた頃、押され気味だったアリシアは、セルベリアと同様に守りたい人が居ることを自覚してお互いフルパワーで激突し、アリシアVSセルべりアはアリシアの勝利。左脇腹が少しえぐれたセルベリアが痛々しかった・・・。

最期は、涙を流して自爆して戦死。彼女がマクシミリアンの為に全力を出して負けたのに、肝心の彼はセルベリアの死を「残念だ」の一言で片付けやがりましたヨ、このオトコ・・・。もっと出来た敵将だと思ってたけど、部下に冷徹だったり権力欲の溺れたり、案外ダモンと変わらないヤツだな。自分をたしなめたカールも射殺。一度はセルベリアに助けられたカールでしたが、結局死亡か・・・。

次回は、狂気に満ちた目のマクシミリアンがどの様な戦いをするかと、最終話までにで誰か死にそうな予感がするラスト2話に注目ですね。セルベリアが死んだ今となっては、アリシアがどう戦うのかな。ウェルキンの持つバンダナが遺品になんてならないよね?

戦場のヴァルキュリア (1) (角川コミックス・エース 149-4)戦場のヴァルキュリア (1) (角川コミックス・エース 149-4)
(2008/11/26)
鬼頭 えん

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/787-0b2374bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック