FC2ブログ

大正野球娘。 第7話「麻布八景娘戯」

ここでは、「大正野球娘。 第7話「麻布八景娘戯」」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


小梅と巴は夜な夜な町に繰り出し、強豪選手相手に辻斬りならぬ辻打ちでスキルアップを図ることに。櫻花檜のメンバーが「ケダモノ」と言ってましたが、頭巾被って野球の防具を着ける姿は、ケダモノというより変質者だけどネ。

アンナ先生が変化球を魔球と言ってたのは、明治時代には変化球は無かったのかな?しかし魔球を自分で考えなさいって、先生無責任すぎ・・・。巴が辻打ちをするのは、中学生相手に自分の力が通用するかを試したかったから。・・・というのは建前で、巴さん?それは立派な不倫ですよ(笑)

小梅と巴の関係を怪しんだ晶子が、小梅の自宅裏で張り込んでいると、辻打ちに出かける小梅を見付け、辻打ちの正体と不倫がバレました(笑)。辻投げ仮面と化した晶子が勝負を挑むも、曲がらない変化球ではお話にならずあっさり返り討ち。そりゃぁ、辻投げのことが話題にならないはずですよ。

翌日には、本妻の晶子と不倫相手の巴で小梅を取り合う泥沼三角関係に発展(笑)。もてる女は辛いねぇ。いくら普通にお願いしても練習相手が見付からないからって、小梅、晶子、巴の3人だけでなく櫻花檜みんなで辻~を組織するのはどうなんだ?泥棒を捕まえる際、足場があるとはいえ高い塀を軽々飛び越える巴と胡蝶は、身体能力高過ぎとか思いましたが・・・。

泥棒に捕まったじいちゃんを助ける為投げた球が、泥棒の金的にヒットし魔球を習得。逆境の置かれることで能力が開花したってヤツですね。巴の名バット・虎鉄から足が付き、理事長から釘を刺されて辻打ちグループは解散。最後は、磨きの掛かった明子の魔球がホームラン!変化球の早い習得が待ち望まれます(笑)。ナックル晶子誕生w次週は放送休止。世界陸上かな。

ユメ・ミル・ココロユメ・ミル・ココロ
(2009/08/05)
伊藤かな恵

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/763-1ae09a42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
「ねえ!一体どっちを選ぶの!?」  小梅はモテモテだなあ。泥棒に追いかけられた
2009/08/16(日) | 気ままに日日の糧