FC2ブログ

シャングリ・ラ 第十四話「変貌都市」

ここでは、「シャングリ・ラ 第十四話「変貌都市」」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


冒頭からモモコの下ネタ2連発。扉が開かず中に入れない國子に対し、「入らないからっていきなりはダメ。少しずつ慣れさせるのがコツ」。進めどもジャングルばかりという仲間からの通信に対し、「黒くてもじゃもじゃ?」。オカマの暴走は健在!

國子たちが侵入したアトラスの第8層は、南国の海や砂漠、そして震災した東京が擬態装甲で再現されたフロアだったと。國子が集合場所を国会と言ったのに、仲間には都庁と嘘を言った武彦。アトラスのスパイとは思えないんだけど、嘘を言った理由は何だ?

アトラス計画は、第2次関東大震災により崩壊した東京を復興させようにも、当時導入された炭素税が財政を圧迫し復興もままならなかった所を、セルゲイというヒゲのおっさんの出資により始まった、いわば日本再生計画みたい。地上を森林で覆う事で地球を冷やし、コンパクトな東京を目指したのがアトラスな訳ね。

そんなアトラス計画を涼子は、「私が遊ぶ為(の計画)に決まってるじゃない!」と一蹴し、紫音は頬を赤らめ悦に入る始末。涼子の罵声に感じたか?アトラスの真相を調べる為脱走した小夜子を、涼子は放っておくつもりだったのにセルゲイは拘束を指示。彼に逆らわない所を見ると、涼子より上の立場で彼女は言いなりの立場か。彼を見る目に少し不安が見えたけど、チェスのコマを踏む足は苛立ちを感じてる様だったね。

国仁との対決は今回もお預け。國子はアトラスの中枢へ入り、そこで若き日の凪子ばぁちゃんの肖像と、アトラス初代総裁と銘打ったプレートを発見し怒り爆発。育ての親が最大の敵の元トップだったんじゃ怒るのも無理ないか。ばぁちゃんがアトラス総裁だったとはね。一緒に写ってた男も國子と関係あるのかね。Cパートで中枢にたどり着いた小夜子だけど、力尽きて・・・。次回、國子とモモコが国仁の家で茶を飲んでたけど、2人の和解も近い?

シャングリ・ラ オリジナルサウンドトラックシャングリ・ラ オリジナルサウンドトラック
(2009/07/08)
TVサントラHitomi

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/731-becf85d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
クニコたちは、アトラスに潜入成功?焦眉下着は白より赤がいいのよとモモコさんに言われる。ジャングルだったり、南の島だったりという報告がはいる。結局それは、擬態装甲で、メタルエイジの人やられる。第二次関東大震災で東京壊滅したらしい。そこでもちあがったのがア...
2009/07/26(日) | ぺろぺろキャンディー