FC2ブログ

夏のあらし! 第11話「世界は二人のために」

ここでは、「夏のあらし! 第11話「世界は二人のために」」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


現代の小夜子もカヤもいない昭和20年にジャンプしてしまったはじめとやよゐ。町であったよゐの知り合いの親子は空襲で亡くなってるのかな。爆弾で吹っ飛んだかの様なカット割りが、リアルに描くより妙に生々しかったけど・・・。その親子だけでなく、町の人を救えなかったのがやよゐの心の傷になっていたようですね。

はじめとやよゐが丘で休んでいた所に、60年前のコンプレックスの塊な頃の加奈子がやって来て鉢合わせ。ついでに米軍の戦闘機もやって来て加奈子が被弾。機銃を受けたのによく歩ける程度の怪我で済んだね。やよゐの足が治ったのは、加奈子を救いたいという気持ちが恐怖を勝ったから。元々怪我でなく精神的に参ってたから歩けなかったようで。

小夜子とカヤ探しに出かけた2人でしたが、見つけてどうするんだろうと思いましたよ。この時代の小夜子とカヤはタイムトリップなんで出来ないし、空襲から助けでもしたら歴史が変わって現代の幽霊の2人は能力に目覚めないばかりか、存在が無かったことになってた可能性があるからね。

小夜子とカヤの歌はフルで聴きたかったくらい良かったな。最初はやよゐを嫌ってた加奈子だけど、ピアノを弾くやよゐの様子を廊下から伺ってたり、本当は仲良くなりたかったんだね。前回の話には無かったけど、2人が親友になれた切っ掛けを作ったのは、この時代に飛んできたはじめが取り持ったからなんだろうな。

最後は現代の加奈子がグラサンとジャンプして来てやよゐと再会。このシーンは少し感動的でグッときそうだったよ。やよゐの足が治って再会も果たし、能力やらはじめたちへのわだかまりも解けたようで何よりですね。そして、Cパートまで放ったらかしにされてた小夜子。結局体は元に戻ったのか?そこまで描いてスッキリさせて欲しかったです。

やよゐと加奈子の友情話は良かったんだけど、それがちょっと良すぎたか長すぎたせいか、やよゐのトラウマのシーンがやや霞んでしまったかな。序盤の親子と加奈子だけでなく、学園や町が空襲にあってたくさん犠牲が出たくらいのインパクトがあるものと思ってただけに、激しく動揺したり足が動かなくなったりする理由が思っていたほど強く感じられなかったです。空襲話に重点を置いた方が良かったと思う。今回はイマイチかな。

あたしだけにかけてあたしだけにかけて
(2009/05/13)
面影ラッキーホール feat.後藤まりこ(ミドリ)面影ラッキーホール

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/712-be5d5f1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ハジメちゃんとヤヨイは過去へタイムスリップしてくる。工場へいくことに。ヤヨイは、4月25日に、空襲が始まるといいだす。カナコとヤヨイは、空襲で巻き込まれて幽霊になったようだ。ちなみに、夏しか生きられないらしい。60回、夏を過ごしてきてるうちに、どんどん...
2009/07/02(木) | ぺろぺろキャンディー