FC2ブログ

夏のあらし! 第4話「想い出がいっぱい」

ここでは、「夏のあらし! 第4話「想い出がいっぱい」」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


冒頭のナレーションで「13歳の夏、少年の日々」等と言ってたから、声の主は年老いたはじめっぽい。その時の小夜子はどうなってるんだろ?方舟に来た映画撮影の話で、マスターはヤル気満々。歳だけは若いから、少女役もギリッギリでOK?戦争映画を、ラ○ボーは良いとしてぼ○らの七日間戦争で例えるジュンって、歳いくつだよ(笑

映画のロケ地は、小夜子が通っていた大倉山女子高等学校でしたと。方舟があるのが白楽で学校の場所が大倉山ってことは、夏のあらし!の舞台は横浜の可能性が高いね。彼女が図書室で手にした「海底二万里」が原作のDVD、つい最近借りて見たばかりだったりしますが・・・。そしてお約束のヘソちらもばっちり!

60年前の写真から、ジュンも小夜子が幽霊と知った訳ですが、納得するの早くないか?撮影当日、現れたのは一昔前のアイドル風に若作りしたマスター(笑)。小夜子のハイカラな袴姿は良かったな~。ジュンは事務所がどうのこうのとか言ってたけど、事務所付きのタレントか?

フィルムがノイズだらけだったのは、カヤが小夜子に干渉してたとかだったりね。今回、2人が再会し60年前の交換日記をタイムトリップで取りに行くことに。小夜子の体が白く輝くのは、最初は演出かと思ったけど、よく見ると胸の辺りだけ大きく隠してますね。やっぱりDVD解禁はありっぽいなぁ。

昔の女子学生だからみんなもんぺでしたが、もんぺじゃ萌えませんよ・・・。見つけた日記に書かれていたのは、「何かあって離れ離れになったら、方舟で待ち合わせ」という内容。小夜子が「あいよ!」返事を返し、60年振りの約束を果たして終り。Cパートはア~タタタタタタタタ~!でお馴染みのあのネタ。EDの背景は大倉山公園かな?

夏のあらし! 5 (ガンガンWINGコミックス)夏のあらし! 5 (ガンガンWINGコミックス)
(2009/03/27)
小林 尽

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/671-0ab137dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック