FC2ブログ

BLASSREITER #24「約束の地」。最後は晴れ晴れ!

ここでは、「BLASSREITER #24「約束の地」。最後は晴れ晴れ!」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


かなり長文です。OPは2番を流し、映像は名場面に変更の特別仕様。これを見るだけでも泣けてきそうですよ。ゲルトの最期とか見ちゃうとね・・・。イシス活性化まで1時間。つまりジョセフの命も1時間。ヴィクターはというと、すっかりエレアにこき使われもはや元ツベルフトップとしての威厳ゼロ。人格は全然元のままじゃん。

ジョセフVSザーギンは、颯爽と現れた割にはあっさりKOされ場面は精神世界へ・・・。って、ジョセフ、寝てる場合じゃないって。起きないと番組終わちゃうから。そこに居たゲルトが、ジョセフの苦しみを理解しヘルマンを説得イシス活性まで時間稼ぎをする為、彼の体を借りて復活!チャンプ、やっぱあんたは格好良いゼ!ゲルト~~~~!!!

一方、ICBMは特殊装甲と分かり作戦変更。メイフォンがヤバイな。ゲルトは震えが来るくらい活躍したけど、ザーギンは無傷。ゲルトは力尽き、ヘルマンとバトンタッチ。そこでやっと、ヘルマンは戦いがアマンダの為と言ったね。それをもう少し早く伝えていればね・・・。VSザーギン第2戦。ゲルトといいヘルマンといい、蒼いボディーがなかなかイカスじゃないか。

サーシャが告白で分かったのは、デモニアックウイルスはジョセフの血液を参考に作られたとか。それがヴィクターを狂わせ、ザーギンを巻き込み今の大惨事を引き起こしてしまった訳ね。大切な人を地獄に落とした実験をしたしてしまった事を悔やみながら、ICBMを撃ち抜いたボウライダーと共に爆散・・・。まぁ、こうなるよな・・・。

メイフォンも分離したICBMを沈めるべくスケールライダーを体当たりさせ爆散・・・。彼女は生き残って戦後処理をすると思っていただけに、ちょっと死ぬのは以外だったかな。ヴィクターの回想で、メイフォンは不治の病に掛かっており、20歳まで生きられるかどうかだったみたい。孫を死なせたくなヴィクターは彼女に特殊な処置を施してたんだろうな。ヴィクターもメイフォンの死と共に死亡


ヘルマンが退場してジョセフのイシスが活性化し、真のブラスレイターとして覚醒。ザーギンを圧倒できたけどしなかったのは、力では何の解決にならないと分かっていたからか。イシスのナノマシンが光となって散布され、デモニアックを浄化。消え行くジョセフに、自信満々だったザーギンは自身も光となって消滅する姿を見て、自分は世界の救世主では無かったと悟り静かに消滅。熱いバトルでの死ではなかったけど、強者の最期としては相応しかったかな。

マレクは無事アマンダに返され、彼女はマレクに罪を償わせる為自首させることに。今度こそ、しっかり弟を守り決意を固めたようで。そして5年後、新生XATが結成され、アマンダはそこの鬼教官として後輩を育成。鬼ですか・・・。

マレクが5年の刑期で済んだのは、アマンダが新生XATで教育に当たる事を条件に司法取引したから。3人も殺して5年で出所できるわけ無いからね。彼女は、XAT入りを志願したマレクとコンビを組むことに。デモニアックを「殲滅」から「保護」に変わったのは、アマンダに希望を託したジョセフへの報いかと。

マレクは愛車に新しいバイクの妖精・マリアを搭載。エレアより可愛いんだけど(笑)。エレアも無事。う~ん、両方くれ!
maira.jpg
アマンダがマレクをジョセフと勘違いしたけど、19歳にしては老けた過ぎ?。この姉弟以外、旧XAT及びツベルフ関係者は全員亡くなってしまったけど、その精神はプログラムとしてエレアとマリアが管理しすることに。ジョセフもその中に。決して悲壮感漂うことなく、むしろ青空の下、スカッとするような気分でブラスレイター「」。みんなじつはしんでなかったのはないしょだよ

最後に思うのは、DVDが売れてGONZOが倒産しないことを願うのみ!。あまり会社が傾くとドルアーガの2期が危ないしね。それと、最終回ラッシュで、締めの感想を書くのがしんどいな~。残すは薬師寺涼子の怪奇事件簿と、長文の一角RD潜脳調査室だけ。頑張るか!

ブラスレイター Vol.3ブラスレイター Vol.3
(2008/10/21)
松風雅也伊藤静

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/467-2a3b7cb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック