FC2ブログ

二十面相の娘 最終話「チコ」

ここでは、「二十面相の娘 最終話「チコ」」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


全22話と2クールにしては若干話が短かったものの、最後は無難にまとまった印象です。1話を見たときは、最近は珍しい「怪盗モノ」かと思いきや、7話で二十面相一味は、二十面相とチコ、ケンを残して全員死亡という、視聴者としては「???」な展開には驚いたけど・・・。

てっきり、某怪盗13世のような話を期待していただけに、その後の盛り上がりに欠ける展開には結構拍子抜けしましたね。最終話の前に、視聴休止して録り貯めていたのをまとめて見ましたが・・・正直微妙な話ばかりで面白みに欠ける感じでした。

一味全滅までは悪いヤツラから宝を盗んで元の所有者に戻すなど、スカッとする話もあったのですけどね。チコ一人になってしばらく、「普通」な展開が続きほとんどBGMアニメとなり掛けていたので視聴を一時止めていました。やっぱり、二十面相が居ないと締まらないかなと。途中で復帰するもすぐ退場。上がったテンションは一気に下降(汗)

更に、トメと春華で少女探偵団を結成したものの、活動内容は最終話の「迷子の親探し」だけ。三人の特徴を生かした活躍があった方が面白かったんじゃないかな。最後の教授とのストーリーは、尺を6話も使った割には今ひとつな印象。長すぎてちょっとダレダレだったかな。

最終話は、21話から3年後のフランスが舞台で、二十面相騒動で日本に居られなくなったチコがトメとそこで暮らし、春華が訪ねるという話ですが期待した二十面相は登場せず。ラストカットでチコが「おじさん」と言っていたので、画面には映らなかったけど、彼女の目の前には彼が居たのでしょうね。エンディングでは、チコを誘拐(救出と言うべきかな?)する二十面相一味の様子が流れてたけど、それより彼のその後が見たかったかですね。

2クールより、1クールを教授編にした方が良かった気がする。それからあるサイトで見たのですが、このアニメ、当初は深夜2時5分放送ですが、2度しか定時放送していないなかったり・・・。そういえば、毎回録画時間の設定変更をしていたような・・・。原作は完結しているようなので、それに沿ったストーリーだと思いますが、最初の頃の怪盗モノで行った方が受けは良かったかも。微妙な評価のアニメですね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/466-22ed0183
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック