FC2ブログ

ToLOVEる #26「ララ」

ここでは、「ToLOVEる #26「ララ」」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


唯は、リトがララの白馬の王子さまと思ってるけど、その王子は春菜への告白を胸に秘めていたり・・・。沙姫のナイスアシストのヘリは定員オーバー?猿山が落ちろって(笑)。沙姫はお色気やお笑いもこなせるお気に入りのキャラだけに、もっと活躍して欲しかったな。金色の闇も中途半端な印象ですね。

春菜はTV観戦のみか?と思ったら、里紗と未央により出陣。メインヒロインは前線に出なくちゃね。レンのタクシーがゲ○タ○ロボの不思議変形みたいでしたが、黄色だから2号機ですか?。またしてもデビルークのエロ植物に剥かれる一行には乙です(笑)。服だけ溶かすナイスなヤツだよ。

ラフレシアのガスで夢の世界へ・・・。最終回も素敵なスモークが邪魔して下さいましたが、DVDでもハッキリとは解禁されませんけどね。リトを試す為にララと春菜の幻覚を見せてるんだろうけど、裸のヒロイン二人にベッドで責められるリトの映像は、何という据え膳エロアニメなんですか(笑)

リトもヘソの下ギリギリまで見えてるから、こっちは本気で困るヨ・・・。普通のラブコメじゃないから、いっそのこと、二人とも貰っちゃうアニメ独自のオチも有りかな~、とか思ったりしますけどね。

ララと春菜の叫びで現実に戻り、時間内にゴールで即結婚式という流れは急過ぎるでしょ(笑)。春菜も複雑そうな表情だったけど、リトとララのペアの方がお似合いだと思うのは、アニメ版の春菜の活躍が少ないからかな。

最後にララが、自身の問題を認識して婚約破棄を宣言し、発明品でみんなの記憶を消してオールリセット。そして再び転校からやり直し・・・という展開は、某・最優先事項アニメで見たような・・・。でも発明品が不発で記憶は消えずに済んだリトたちがララを迎えるシーンはちょっとジーンと来たかも。

そして最終話のオチは予想通り、オレたちの恋はこれからだ!ENDでしたと。もう少し三角関係を描いてくれればマシな終わり方だったろうね。大奥とかどうでもいい話をやるから尺が足らなくなったんじゃない?。ToLOVEるって面白いキャラが多いのに、生かしきれていない部分が多々あったのが残念。春菜なんて、ヒロインなのにシリアスな恋愛にはあまり絡んでこなかったし。

エンディングは、前半の曲に載せてのララ仕様の特別版。ララのしっぽはお尻ではなく腰の辺りから生えてるんだね。今回でアニメ版ToLOVEるは終りですが、2期どうだろ?。TVシリーズは難しいだろうけど、OVAとかならありそうですね。こういうツッコミ甲斐のあるアニメほど終わったら寂しかったりしますが、今度は作画・ストーリー・エロを練り直して見たい気がしますね。って全部じゃん!

To LOVEる-とらぶる 1 (1) (ジャンプコミックス)To LOVEる-とらぶる 1 (1) (ジャンプコミックス)
(2006/11/02)
矢吹 健太朗長谷見 沙貴

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/462-41d1bf38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック