FC2ブログ

RD 潜脳調査室 第25話:ラストダイブ。異常発現とハルさんのリアルダイブ。

ここでは、「RD 潜脳調査室 第25話:ラストダイブ。異常発現とハルさんのリアルダイブ。」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


久島は今回の騒動を見越して50年前の研究を元に対策を講じ、ミナモ・パパに頼んでいと。それと、久島は意識をメタル内に留めたのは自らの意思であり、そうすることで地球と同調し、そこで得た「答え」をハルに伝える為、彼を呼んでいる訳ね。これまでの実験はハルに作戦を遂行する能力があるか見極めるものでもあったんですね。

そのハルはというとジョギングをしていました。80過ぎてるのにムチャするというか、若いというか・・・。つい最近まで車椅子生活だったのに、大丈夫か?。場面変わって、再びプール!。今回もユキノの腹はしっかり重なっていました(笑)。ユキノって胸から上は可愛いのに、そこより下が非常に残念だよね。

ジェニー円戦でボロボロだったソウタは無事でした。今回は書記長との会話は無し。やっぱり復縁は無理かな。ミナモが介助士の資格を目指すのは、ハルの影響なんだろうね。楽しかった時間が終わって、それぞれ別の方向に進み始めてるってことかも。リボンがナイスポイント。

ハルとのランチが最後の晩餐とほど、思えるゆったりほのぼのしてましたね。介助士を目指すことを告白したミナモを優しい目で見つめるハルを見てると、歳の差66歳カップルも有りと思えたり・・・はしないか。

ミナモが感じる不安というのは、たぶんハルが自立して遠い存在に感じられるからかも。ランチの帰りに大泣きしそうなのを堪えたのは、その表れってことかな。ハルは久島に会いに行く為に、再び海へ・・・。誰も居なくなった事務所が、生活感が消えて非常に寂しげな雰囲気でしたね。

ミナモが介助施設で実習していると、突如ユキノたち電脳処置をした人にノイズが走って苦しみ出し、海が赤く燃えて始め、ついに異常気象が本格化。海が沸騰し、気象分子プラントは壊滅。ジェニー円は既に敵対意思は無いどころか、むしろソウタを応援してるし。異常気象はオッサンのワインが原因なんだけどね!

ハルは、アユムやソウタたちのサポートを受けつつ、久島が開発していた特殊スーツを着て現実の海へダイブ。まさにリアルドライブって感じですが、無事帰って来られるかが心配・・・。全てはハルに託され、結末は最終回へ。次週で最後。今秋までの作品の中で一番面白さを感じていただけに終わるのは寂しいですが、しっかり見届けたいですね。

今週の「あなたへリアルドライブ!」は今回で最後。リアル沖さんも見納めですよ。それと、ミナモとホロンのフィギュアが発売されますね。出来は良さそうなので、ホロンは予約予約とw。どうせならタカナミ書記長も出して欲しいですね。もちろん、キャストオフ使用で(笑)。ユキノが出たら、見所は腹だろうな~。以外所でじーちゃんハルなんてどう?

RD 潜脳調査室 DVD 1RD 潜脳調査室 DVD 1
(2008/08/27)
森功至沖佳苗

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/460-e2241523
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック