FC2ブログ

BLASSREITER #23「劫火の大地」。漢シドウ、ここに散る・・・。

ここでは、「BLASSREITER #23「劫火の大地」。漢シドウ、ここに散る・・・。」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


ツベルフは厄介払いでICBMさんカモ~ンな状態。ウイルス感染拡大を防ぐのに街ごとミサイルで焼き払うって、バイオハザードみたいな展開だね。マレクはデモニアックの細胞を破壊する「イシス」完成の時間稼ぎをする為ザーギンの元へ。

ヴィクターの機械と融合して未来を予知する姿は、もう完全に壊れてるな。その彼に話しかけたのは、バイクの妖精・エレア。ツベルフ編が始まって2話目以来の登場じゃない?。彼女はやぱりデータのみの存在で、今回はヴィクターに取り込まれる前にサヨナラしたんだとか。

シドウとメイフォンは爆弾撃破に躍起なんだけど、シドウのソードライダーは戦闘機の攻撃でボロボロ。「日本の二の舞にはさせない!」「ノーモア・長崎、ノーモア・広島」と言われると、アニメという架空を楽しんでるのに急に現実も戻される感じで、ちょっとテンションが下がったかな。

追い込まれたシドウは、ミサイルの軌道を自分に変え、亡き家族の写真に遺言を残しつつ自爆スイッチオンで死亡。機体と体がボロボロの時点で死ぬのは分かってたけど、助かって欲しかったな・・・。マレクはザーギンに戦いを挑むも、当然勝てるわけなくフルボッコ。と言う程、ザーギンは本気出してないけどね。

ツベルフへの衛星からのミサイル第二射目掃討。メイフォンが間に合いそうにないってことは、順当に考えれば、シドウの次に逝くのはサーシャだよね。ジョセフに送った完成したイシスが彼女の希望であり遺品とかだったりするのかな。その頃、ジョセフが戦線復帰。次で最終回ですけどね

後半にやや失速感がある理由ははっきりしていて、それは主人公のジョセフが活躍しない事ですね。最初ツベルフに捕らわれた後、暴走してスノウを殺しまた捕まって、次は強制覚醒でベアトリスと闘って気絶しアマンダに回収され・・・という流れで話が進んで、「ジョセフの意思」で戦ったのは一度も無かったですから

アマンダに生きて帰る約束をしなかったのは、そのつもりが無かったからだろうね。ザーギンと戦うんだから、両者無事では済まないだろうし。ストーリー終盤、新型ICBMがマッハ23でツベルフへ・・・。マッハ23て、いくらアニメだからって現実離れし過ぎ(汗)

ジョセフ、サーシャ、ザーギンのそれぞれのことを考えると、「救い」のある最期は来ないだろうな。ザーギンは死ぬだろうし、ジョセフはイシスを飲んだし、サーシャとメイフォンは新型爆弾の処理があるから。ジョセフはザーギンと対峙し、エレアにマレクをアマンダの元に届けさせ二人の戦いは次週決着!。最終回は熱い戦いを期待しますよ!

エクセレントモデル ブラスレイター エレア~Niθ Ver.~エクセレントモデル ブラスレイター エレア~Niθ Ver.~
(2008/08/30)
不明

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/457-4970cfb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック