FC2ブログ

RD 潜脳調査室 第23話:人間律。書記長失脚。

ここでは、「RD 潜脳調査室 第23話:人間律。書記長失脚。」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


※途中で区切りました。久島は脳管が回収されたとはいえ、意識かい離によるBD状態。ハルが50年も眠っていた症状ということは、久島の目覚めも長い?。ホロンは修理も兼ねつつ、ハルに介助は必要無いからと電理研に返されちゃったし。久島の代理を務めるソウタの助けになればということらしいけど、部品だけ直ったホロンが側にいてもね・・・。

書記長が二度もセレモニーのあいさつするのは変だな?と思ったら、冒頭の映像は20年前のものでした。通りで若々しいはずだ(笑)。と言っても、電脳化してるから身体的変化は無いんだけどね。でも書記長のこぼれんばかりの立派なムネにメロメロ(笑)。ムネのアップはヤバイって。

書記長がジェニー円に、「私も久島部長と同じ様にするつもり?」という言葉から、彼女は電脳化ではなく義体化してるのかも。久島事件は彼女の陰謀というのは、ジェニー円が流したデマなのは見え見えだよね。そんなジェニーを睨むミナモに、サヤカが背中からパイもみ。そこはユキノの腹をだね(笑)

ソウタが電理研の部長代理をしているのは、書記長の計らいみたい。別れてもいろいろ根回ししてくれるとは、ミス人工島時代も考えれば彼女は本当は優しい女性なんだろうな。ミナモにソウタとの出会いを聞かせてあげてたけど、当時の純なソウタが今のソウタに変わったのは、あのムネに毒されたに違いない(笑)。希望と理想に満ちたソウタに書記長はホレたってとこかも。この時の二人を見ると、別れたのが残念に思えるよ。

今でこそ立場上けん制し合う書記長と久島だけど、彼女にとって久島は尊敬し信頼できる人みたい。その久島が提案した気象分子プラント中止は、それに20年も掛けた島の威信が掛かっているとか。その信用を失うのは避けたい書記長だけど、この時のミナモの「島が好きならまたやれるはず!」という言葉を聞いた書記長は・・・。


久島を心配するソウタの元に書記長が来て、久島のダイブ・ログを見てもさっぱりワケワカメな二人だっかけど、ミナモの言葉をヒントに解析。書記長も動かしたミナモは無意識にまた、スゴイことしちゃったわけだ。奇跡過ぎ(笑)

久島(の記憶を引き継いだAI)曰く、地球律とは「地球の持つ電磁波の揺らぎ、自転と天体の引力が引き起こす潮汐の絶え間無い律動」ということらしいです。よく分かりませんが(汗)。そのバランスを崩した海は熱波を放出して、電圧をキャンセルし、数千度に達した熱波が第1話の発電所消失事故を引き起こしたと。地球律の異変は1話から始まっていたんですね。

プラントを可動させた場合、地球の全ての海が暴走ENの源になり、人工島はおろか地球そのものが熱波に焼き尽くされる危険性があるとか。久島はそれに気付いて中止を進言したところ、ジェニー円に殺されそうにたなったという訳ですね。

研究より島の安定を悟った書記長が、計画中止を決めた所、ジェニー円に株の不正に関する疑惑(これもでっち上げっぽいけど)を委員会の信任決議に掛けられ、書記長権限凍結。以下次週。EDクレジットのキャスト紹介に、AKB48とかあったけど知らない名前ですね。どうでも良いけど。

「リアルドライブ!」は今週もブルマ(笑)。クイズの内容は、第1話のミナモのパンツの色は何色だっかなんですが、ナニを血迷ったか、ミナモコスを着て色パン履いたスタッフ(女性)が、ジャンプしてリアルパンチラ。この演出には正直言って、引きました・・・

RD潜脳調査室 オリジナル・サウンドトラックRD潜脳調査室 オリジナル・サウンドトラック
(2008/08/27)
TVサントラ9mm Parabellum Bullet

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/445-1a6a3914
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック