FC2ブログ

BLASSREITER #21「蒼白の騎手」。ツベルフ陥落。

ここでは、「BLASSREITER #21「蒼白の騎手」。ツベルフ陥落。」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


感想長め。ツベルフは最初は強力無比な組織という感じだったけど、思いの外脆い組織でしたね。アマンダは当初から単独行動で、ツベルフのガーディアンは実質的にナイツの三人だけしか居ないから仕方ないのか。

サーシャとがーギンと対峙しても彼女には倒せない、とシドウが言うのは単に力の問題ではなくて、二人が元恋人だからなんですよね。その証拠に、ザーギン打倒の強い決意とは裏腹に大なためらいがあったから。マレクの居場所を、折鶴でさり気無く場所を教えるシドウはホントに良いヤツだ。こういうキャラって結構好きです。

ザーギンがサーシャに零距離まで近づいた時は、もう駄目かと思ってドキドキしたよ。シドウの乱入が無ければ、サーシャはここで退場してたかもね。ところでジョセフ、いつまで道端で寝てるんだ???。アマンダに回収されて助かったけど、また出番が無さそうな気がしてきた・・・。

アマンダは、シドウの折鶴にあった叔母の名「ぺトラ」を宛てにして取りあえず脱出成功と。何でシドウがその名を知っていたかというと、彼はぺトラの孤児院の活動に協力していたから。シドウの妻は広島出身と分かったけど、この世界観に日本の地名は合わない気がするかな。

シドウがツベルフに居る訳は、遺伝的に疾患のある自分の子供(故人)を助けるべく、自らの可能な限りの臓器を提供し、その手術代を稼ぐ為だったみたい。その為には日本に情報を渡す事もしていたとか。アマンダに厳しくも優しかったのは、自分と同じ悲しさを感じて欲しくなかったから。ますます良いヤツに思えてきたゾ!

メインサーバー「イシス」を狙うザーギンを阻止するべくヴィクターが一人向かった際、見逃しそうな程、ほんの一瞬だけメイフォンに見せた優しい顔には、しっかり意味があったんですね。メイフォンVSザーギンで彼が本性現したけど、まっったく勝負になってないし(汗)

続くシドウは、操縦席もろ共脇腹半分をブチ抜かれた時は、彼の最期を覚悟したけど「君はここには似合わない」と言ってトドメ刺さず・・・。シドウがツベルフに居る理由と優しさを感じ取った?

中枢に辿り着いたヴィクターが100%勝てるはずも無く、ザーギンのシャイニング・フィンガーであの世行き・・・。かる~く目玉が飛び出してましたね。回想シーンで分かったのはヴィクターとメイフォンが、祖父と姪の関係であった事。優しい顔の理由はここにあったんですね。昔は優しかったヴィクターがどうして豹変したのか不明ですが、良いじーちゃんだったみたい。

そんな彼の遺体は、腹黒メイフォンが激しく取り乱す程見るも無残な姿に・・・。ちょっとキモイな・・・。次回はバトルは無いみたい。マレクが目を覚ましてましたが、彼って脳死状態じゃなかった?。ジョセフは・・・、またお休みデスカ???

エクセレントモデル ブラスレイター エレア~Niθ Ver.~エクセレントモデル ブラスレイター エレア~Niθ Ver.~
(2008/08/30)
不明

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/443-4d975bc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック