FC2ブログ

RD 潜脳調査室 第22話:静かなる海。ホロンが・・・。

ここでは、「RD 潜脳調査室 第22話:静かなる海。ホロンが・・・。」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


感想長め。前回、久島が行方不明になったことで気象分子プラントの是非を問う決議が却下され、人工島20周年式典でプラント運用が可決。久島は発見されるも、「脳管」が抜き取られもぬけの殻状態。死んだのかと思ってビックリしたよ・・・。生きてはいるけど、リミット8時間で脳管を探さないと死亡ということで、ハルやソウタは捜索に。

改めてこの作品がサスペンスだと認識しました。今まではムッチリとメタボばかり目立ってたからね(汗)。ソウタとホロンが向かった先には、政府高官のジェニー円がいて、ソウタを殺す事もいとわないとばかりに挑発。相手が軍用義体ではさすがにソウタが分が悪いよね。多分ホロンでも勝てないだろうから。

一方ハルは、電理研の一切の機能が封じられた為簡易ダイブ。ミナモにアレだけにダイブ・ログを見せて解析させるのは無理あるな~。

ソウタはタカナミ書記長を訪ねて分かったのは、彼女は久島の件には無関係ということ。ま、確かにプラントへの出資者を不安にさせてまで、久島を始末するメリットは無いんだよね。捜査情報をこっそりソウタに伝えて、「危ない事はしないで」という言葉に、書記長の優しさというか未練を感じたかな。ジェニー円が黒幕だった訳だけど、コイツは初登場時から胡散臭いと思ってたから、特に意外性は無いかな。むしろ、やっと本性現したかってところですよ。

ハルはリミットオーバーBD寸前で、「ドリームブラザーズ」の兄弟に助けられたからよかったけど、年寄りの冷や水は勘弁ですよ。この二人は別として、他の多くのダイバーや企業は、一攫千金の価値があるとされる久島の意識を助けたがっているとか。次期書記長候補に名を連ねるくらいだから、彼の脳管や意識には相当データが詰まってるんだろうな。

それと、アユムの「やあぁっっってやるぜ!」を聞けるとは思わなかった(笑)。あの獣ロボットアニメの主人公と声優が同じだから出来るサービスネタですね。久島は一見無愛想だけど、いろんな人に愛されてるんですね。脳管抜き取りの犯人を、感情的に殴ろうとするソウタを制止するホロンはナイスサポート。良いコンビだよ。

ハルは、かつて久島と見た「海」を手掛かりに再びダイブし、やっと彼の意識を発見。そこで見たのは、ハルが事故に遭い眠ってからの50年間、ずっと側で見守っていた記憶。ハルを生き長らえさせる為に、やむを得ず電脳化する苦悩は久島の顔を見れば相当なものだったんだろうね。ハルへの想いの深さには泣けてきそうですよ・・・。

ハルが久島の意識を発見した頃、ソウタも脳管を発見。義体化した人間の本体は機械化された脳と管だけの存在なんですね。これが久島か、と思うとちょっとグロいかも。危うく初期化されそうな所で、ホロンのAIをバイパスすることで無事回収。これで全て解決!

・・・という時にホロンのAIに重大エラー発生!。久島は助かった代わりに、今度はホロンが・・・。AIをバイパスにすると言った時点で嫌な予感はしてたんだよ。暗い部屋横たわるホロンの側で、「愛する人へ」のinfinityリングを見つめるソウタが切な過ぎ・・・。彼の為にも復活して欲しいけど、このまま退場、もしくはAIの初期化というの無しですよ・・・。残りあと4話。まだ波乱はありそうですね。

「リアルドライブ!」は今週もプロダクションI・Gより、今回は沖さんがブルマ姿で登場。クイズに正解すればプレゼントがあるらしいけど、ブルマに釘付けでしたので問題がサッパリ(笑)

RD 潜脳調査室 DVD 1RD 潜脳調査室 DVD 1
(2008/08/27)
森功至沖佳苗

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/439-93b659eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック