FC2ブログ

ToLOVEる #22「戦慄!文化祭」・・・。文化祭?

ここでは、「ToLOVEる #22「戦慄!文化祭」・・・。文化祭?」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


ここ何話かBパートが「鬼門」の今作。今回も残念ながら・・・。金色の闇って、まだリト暗殺を真剣に考えていたんですね。初登場以来そんなシーンが無いので、もう諦めたのかと思った。最近はエロどころかお笑い要員だよね。

唯の提案する文化祭の出し物候補が、書道展示と地域研究だけというのは、どんな寂しいお祭りにする気なんだ(笑)。部活じゃないんだから。アニマル喫茶と聞いて少しは期待したんだけどな・・・。

喫茶店用のコス制作で採寸するのは盛り上がりそうな雰囲気だったけど、ペケが大事な部分を全隠ししちゃうから全くエロくなかった。やっぱり「見せ方」に問題ありだと思うんだよな。収穫としてはララがB89唯がB88春菜がB79と分かったくらいか(笑)。春菜はララと10センチ差か・・・。

ちょっと久しぶりに沙姫が登場でララに対抗心むき出しなんですが、彼女ほど強い個性のあるキャラはもっと出番を増やした方が良いと思うけど。一方、金色の闇は職安やら自衛隊で「暗殺」の仕事探し。冒頭ではマジメな感じだったけど、結局職探しの行動がお笑いネタになってしまったのが残念。

クラスメイトが準備に大あらわなのに、唯だけは自分の理想とリーダーとしてのポジションを失い意気消沈。そんな彼女を春菜が諭して唯が自分を取り戻して、肝心の文化祭が始まったのが放送開始から約23分。ほとんど終りになってから。

仕事探しに困っていた金色の闇が喫茶店の欠員をカバーする形で合流するも、当然、ララたちの活躍なんて詰め込む時間なんてある訳無し。沙姫のヤル気も空回りで、「私たちの文化祭はこれから始まる」みたいな、やっつけ的展開で終り。今回は浮かぶ感想が無いですね。まだ前回の方がマシに思えましたよ。

見終えて思ったんだけど、どの辺が戦慄!なんですか?

To LOVEる 第2巻To LOVEる 第2巻
(2008/08/22)
渡辺明乃戸松遥

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/433-2a1ee5b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック