FC2ブログ

薬師寺涼子の怪奇事件簿 ファイル08「多摩川スーサイド」

ここでは、「薬師寺涼子の怪奇事件簿 ファイル08「多摩川スーサイド」」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


今回は、多摩川で多発する自殺の原因を究明するため、涼子たちがマンションで虫探しをする話ですか。お気付きでしょうけど、これまでのあらすじ紹介はかな~り適当です(笑)。最初は「スーサイド[suicide]」を「シーサイド」と勘違いしていました(汗)。

演出かそれとも隠していただけなのか、暗いシーンが多くて、自殺するシーンとか犯人と涼子のやり取りの一部とにかく見辛かったかな。同僚の緑川の死をまったく気にしないどころか、逆に批判するのはどうなんだろ。本当に「自殺」だったら、同情の余地は無いんだろうけどさ・・・。

手がかりを求めてある研究所に行くと、主任のロン毛君は真性の虫マニアで、亡き緑川のとは研究を共にした仲で先をこされて焦っていたと。この時点で犯人とバレバレですね。虫の発する、人間には聞こえない超音波が作用して死んだんじゃないかという超発想はさておき、泉田のひねくった発言に涼子が、「直しなさい」と言ってましたが、それをあなたが言いますか!(笑)

涼子たちは夏休みの課題の事件の原因の虫を探すことに。メイドさん三度登場!。ちなみに次回も活躍してくれますヨ。はなっからヤル気の無い涼子にロン毛君も怒り心頭で事件は核心へ。

お由紀をオトリに虫を見つけたけど、超音波を聞いた彼女は幻覚で危うく自殺する寸前。それを聞くと深層意識にある不安や自己嫌悪が増大され、意図しない自殺に至ると。幻覚にまで涼子が出てくるとは、相当苦手な存在なのか?。そうそう、お由紀は27年間オトコがいないらしい。なるほど。

犯人のロン毛君を追い詰め、逮捕直前まで来たところでヤツが虫を出して涼子に超音波攻撃!を仕掛けるも、普段から恐怖や不安が全く無い彼女には効果無し。と、思ったら、そこに駆けつけた泉田を顔を見た瞬間、突然涼子が涙を流して川へダイブ。どんな幻覚を見たのか分からないけど、彼女にとっての恐怖・不安は泉田が自分の下からいなくなることかもね。

結局ロン毛君は、暴走したトラックにグチャッとされてあの世に逃走。南無。話の内容より、涼子の胸の内が分かっただけで今回は十分満足ですよ。

薬師寺涼子の怪奇事件簿 第1巻薬師寺涼子の怪奇事件簿 第1巻
(2008/09/26)
生天目仁美木内秀信

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/429-9d070831
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック