FC2ブログ

BLASSREITER #18「第四の黙示」。ジョセフ、大暴走で一人ぼっち・・・。

ここでは、「BLASSREITER #18「第四の黙示」。ジョセフ、大暴走で一人ぼっち・・・。」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


OPにヘルマン変身シーン追加。前回の覚醒以来、平常時でさえ回りの状況が認識出来ていないジョセフはかなりヤバイ状態だね。アマンダとヘルマンはウォフルと衝突。ナイツはベアトリスとバトル。そこに暴走ジョセフ乱入。なんだかややこしい状況になって来たゾ!

力を解放したお陰で爆発的な戦闘力を発揮するジョセフだけど、ヘタレてこそジョセフじゃないか!。とか思ってみたり。デモニアックがウォフルの命令を聞かすに戦いを仕掛けないのは、ジョセフがウォフルを凌ぐ存在であり、ザーギン同様デモニアックを率いる王の器だから。と、そんなことを以前、ベアトリスが言っていた気がする。ちょっとうろ覚え。

強いジョセフが戦う姿にはゾクゾクしたよ。CGも頑張って動いてるね。ヘルマンはまだ、ゲルトやマレクのことでジョセフに根を持ってるのか。同じブラスレイターになったことでジョセフの心情も理解出来るかと思ったけど、二人が腹割って話し合いを持ちでもしない限り無理かな。

力の差は歴然でヘルマンは全く相手にならず。折角、アマンダがジョセフの暴走理由を話してるんだから、ちょっとは耳を貸せって!。熱い男は直ぐに頭に血が昇るから困りモノだな。ナイツがその場に介入してきて、当然、ヘルマンは敵扱い。ジョセフは暴走で雑魚を蹴散らしてくれるけど、ナイツも手に余る状態に撤退。ヘルマンも逃走で、ジョセフはその場で一人暴れていましたとさ・・・

場面が変わって、国連的組織が登場。今までこういった組織・国家は出てこなかったけど、日本を含めた国旗が掲げられているということは、現実的世界が舞台になっていたんだね。世界中にデモニアックの脅威が迫っているから多国籍軍派遣だとか、国家間の覇権だとか、あまり政治的話は持ち込んで欲しくないかも。「熱いストーリー」が「ドロドロきな臭いストーリー」になりそうだし。

シドウには家族がて、ロッカーの写真に写っていたのは死んだ家族かな。妻は日本人ぽい雰囲気。一方ヴィクターは「上の人間」に散々どやされ、手に負えなくなったジョセフの始末の為「ブラスレイターの体内ナノマシン破壊」の開発を再開。またトンデモナイ物を作り始めようとしてるな。

ウォルフは失敗続きでベアトリスに見限られましたね。もうマシンガン○○○は出来ないな。でもデモニアック化したアルと何やら仕出かしそうな予感。アマンダが出会った少女・スノウが、ジョセフを正気に戻すキーとなるか?。手の平に紋様があったから、彼女も覚醒体みたい。傷付いたベアトリスは、ザーギンに治療され回復。ヤツの前では従順ないい女性なんだよな・・・。。

次回は、スノウの詳細とアマンダVSジョセフ。彼には早く正気を取り戻して、ガンガン活躍して欲しいね。それと、最終話のアフレコは既に終わっていて、最後はみんな浴衣でしたしたそうですよ。

ブラスレイター VOL.1ブラスレイター VOL.1
(2008/08/08)
松風雅也伊藤静

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/418-09c7358a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック