FC2ブログ

BLASSREITER #12「審判の日」。XAT壊滅・・・。

ここでは、「BLASSREITER #12「審判の日」。XAT壊滅・・・。」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


長文注意!。ヘルマンとアマンダは隔離されていた事で感染を回避できたけど、アルとブラッド以下他の隊員は感染。助かる術なく死亡確定という事実は残念。何も知らずにレーネがXATに戻って来て、ウォルフからアマンダたちの抹殺命令を受けた時点で、ヤバイなと思ったよ・・・。

仲間が次々と発症して死んで行く中、アルも辛うじて自我を保っていたけど、敵味方を判別できないことで盾として、デモニックを食い止める役割を買って出て・・・。レギュラーキャラの中でも、特に目立った活躍があったわけじゃないけど、男らしい格好良いシーンだったね。

一方、ジョセフとベアトリスのバトルは、ジョセフの劣勢。人間体で彼と対等に戦うとは、どれだけ強いんだよ。覚醒体は繁華街に輝くネオンみたいな微妙なデザインですね(汗)。戦いは、ベアトリスが一方的に勝利し、勝敗はお預け。ジョセフはぜんぜん力不足で勝負にならず、良い所まるで無し・・・。弱すぎだって。

やっと脱出したアマンダ達だけど、ここでブラッドが発症。メイフォンはというと、脱出を期待させておいて、自分は新型機でさっさと逃亡。この腹黒ムスメ!。ウォフルが彼らを始末しにきて、レーネが割って入ったけど、ヤツはパラディンの構造を知ってるから機体の利点は無意味なんだよね。

だから当然、防御も働かないわけで捕まってしまったと。描写そのものはどうってことは無いけど、見せしめとはいえ、機体ごとレーネを焼くというのは結構エグイな・・・。回想シーンで、ブラッドが彼女を避けていたのは嫌いだからではなく、危険な目の遭わせてしまうことが怖かったんですね。だから、レーネの元を離れ、XAT入りを志願したと。

そんな二人がやっとわだかまりを解いたというのに、最期は、ブラッドが大事にしていたレーネから貰ったお守りの弾丸で、彼女の頭を撃ち抜いてレーネ死亡。よりによって頭というのがこれまた重い・・・。体を傷つけても、感染していたら無意味だから仕方ないけど。

ブラッドの元にアルが駆けつけ反撃するも、覚醒体となったウォフルに勝てるはずなく、二人も死亡。それに悩み苦しんだ姿を見せたウォフルには、僅かにでも良心が残ってたか?。全てはみんなを思っての裏切りのようだけど、その手段が極端過ぎたんだよな・・・。

これを見ていたメイフォンが、弔いがどうのこうの言ったということは真意は別に?。でも、ミサイルでXATを吹っ飛ばすとは酷いことするな。ザーギンに力の弱さを指摘され、何も言い返せないジョセフ。パワーアップフラグ立った?。

ヘリで脱出したヘルマンとアマンダだけど、爆風で機体が損傷を受け航行不能。ヘルマンが大怪我した姿見て、まさかと思ったら泣きそうになる程劇的なシーンでした。12話だけの特別EDはヘルマンの最期を飾る物だったんですね。歌に合わせてアマンダやマレクへの想いを語り、死んでいくシーンは折り返しに相応しいシーンでした。彼は死なないと思っていただけに、かなり残念。

最後は、街を後にするジョセフをアマンダか追いかけて終り。二人は敵同士じゃないと思うけど。12話見終えた時点で、面白さがマクロスFを越えましたね。次回はジョセフの過去の話。ザーギンとの因縁が分かる、重要な回みたいなので次週も必見!

TVアニメ「ブラスレイター」サウンドトラックTVアニメ「ブラスレイター」サウンドトラック
(2008/09/10)
TVサントラ

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/379-74d0e518
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック