FC2ブログ

BLASSREITER #10「陰謀の中で」

ここでは、「BLASSREITER #10「陰謀の中で」」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


前回のザーギン戦で傷付いたジョセフは意識不明。マレクは一応生きてはいたけど、自立呼吸不可、瞳孔が6時間も開きっぱなしの脳死状態。まだ退場はしないだろうから、デモニックの力で復活しそうだな。

ヴィクターが見ていたデータが、XATに投入される新戦力「パラディン」。バイクから人型に変形するデモニックへの対抗手段みたい。メインで活躍するの機会は少ないかもしれないけど、こういうメカって結構好きですね。サブメカもしっかり設定を作っているのは好印象かな。これもフィギュア化?

ヘルマンは、ジョセフたちデモニックの行動が悪魔に仕業と思い込みたいようだけど、ブラッドは人為的なものであり、ジョセフがXATの管轄から外れたのも、ヴィクターを始めとした上層部がデモニック流出の事実を隠したい為だとか、何かしらの組織と政治的取引をしたのでは?と推測。鋭い洞察力だね。実際、デモニック騒動はベアトリスが暗躍してるからだし。政治的な取引相手とはザーギン?

ヴィクターやジョセフへの疑問を拭えないヘルマンとアマンダは、ラボの仲間を丸め込んで情報収集。本来アクセスできないサーバーに繋がったのは、ブラッドの根回しのお陰か。口では非協力的なこと言ってたのに、粋なことするじゃないか。その中で、彼も気になる女性の名を見つけてちょっと動揺。

そして閲覧したデータの中に、「ブラスレイター」の項目を発見し、そのデータをコピーし外部に流していたのがXAT長官・ヴィクターと知ったところで、アクセスがバレて拘束。その場でXAT解任。このまま復帰しなければ、XATという「足かせ」が外れて行動の制限がなくなるよね。でも次回アマンダがピンチみたいだから、脱出できればだけど・・・。

二人を欠いて緊急出動。ウォルフの状態が以前よりヤバイようだけど、薬も利きづらくなってるっぽいね。また幻覚をみているようだし。ブラッドのピンチを救ったのが、新戦力・パラディンを駆った元恋人のレーネ。二人ちょっと訳ありみたい。彼女は、デモニックの秘密を隠していたヴィクターが派遣した部隊に所属というのが怪しいな。その辺、新たな火種に発展してくれると、もっとストーリーが複雑になって面白くなるだろうな。ブラッドVSレーネとかさ。

ミッション終了後、不安の衝動を抑えられないウォルフは、ベッドでベアトリスと○○○。もの凄く激しい腰使いだったな。まるでサル、いやマシンガン並じゃないか。しっかりイケタようだけど、野郎のイクシーンなんてみたくはないゾ!。ベアトリスも感じた顔を全くしないから全然盛り上がらないまま、ヨロシクシーン終了・・・。

彼女がウォルフに見せた「バビロンの末路」というのは、ブラスレイターが覚醒しデモニックが支配する世界の行く末というろころかな。次回はジョセフが戦線復帰するようだし、XATに何やら大きな試練が訪れるとか。マレク復活は・・・どうだろ。もうちょい先か?

ACTION WORKS BR-02 ゲルトブラスレイターACTION WORKS BR-02 ゲルトブラスレイター
(2008/08/26)
不明

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/360-2a66fa74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック