FC2ブログ

ドルアーガの塔 第10話「夏の終わりに」

ここでは、「ドルアーガの塔 第10話「夏の終わりに」」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


ニーバのパーティーはカリーが居なくなり三人だけに。カリーの扱いに不満を抱いたファティナにしたキスは、彼女にパーティー離脱をされては、自身の野望に支障が出るからした手段なのかも。顔は雰囲気出してたけど心はこもってないだろうな。サキュバスの言うとおり、そんな事を知らずにふやけた顔をしたファティナは哀れだ。

サキュバスも、ニーバに「本当の目的」があると見抜いているし、彼も「本当のドルアーガは80年前に死んでいる」と言っていたから、やっぱり真実はドルアーガ打倒には無いのかも。

ブルーロッドクリスタルで叶う願いはたった一つだけ。大抵は「金」という利害一致で問題は起きないが、カーヤたちジルの仲間やニーバにはそういう望みはないと。だから前回、カーヤはニーバに「ジルと最後まで一緒に居られるか?」と聞かれ答えられなかったのかも。ジルの目的がカーヤと同じ目的を抱くとは限らないし、彼女にも「本当の目的」があるみたいだからね。

カイに問われ、パズズに襲われるニーバを助ける直前に、カーヤにも問われたのは「クリスタルを手に入れて何がしたいのか?」というもの。これまで明確な目的が無く、漠然とした世界平和の希望と親の名誉回復しかなかったのだから「そんなの分からない!」と言ってしまうのも仕方ないのかな。望む答えも聞けず冷めた表情のカーヤ・・・。

更には、ニーバからもカーヤと同じ質問をされ、同じ事を答えて激怒。彼自身を含めた仲間には金や名誉とは違った大きな目的があるのに、ジルは相変わらずのんびりとした対応だから怒られたんだろうね。ジルは勇気もあって力もそこそこあるけど、その行動は軽い理想に基づいたものだから他を引きつける程説得力が無いんですね。

ドルアーガの居るフロアに入る前に、今一度、カーヤはさっき問うた冒険の目的をジルに聞いたけど、今度は聞かれた内容すら忘れる始末。そんなジルに、カーヤはハッキリと見限りの表情を浮かべたのは、呆れるとは違う酷く失望の表れ・・・。

カイと敵であるはずのサキュバスが同じテーブルに座り、何やらシステムを起動させた後、塔が崩壊を始め本来の姿に。ウルク軍はケルブとエタナ以外死亡し、回りは魔物の大群。道を断たれ引くに引けない状況に。立場こそ違えど、カイとサキュバスの思惑って同じなのかも。次回はドルアーガ登場。ニーバの言葉が本当なら「本物」じゃないけど、果たして・・・。

「ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~」オープニングテーマ~SWINGING「ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~」オープニングテーマ~SWINGING
(2008/05/28)
ムラマサ☆

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/359-b604e4d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック