FC2ブログ

ドルアーガの塔 第5話「ジウストラの罠」

ここでは、「ドルアーガの塔 第5話「ジウストラの罠」」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


今回は1話以来のこれでもか!ってくらいギャグ炸裂でたっぷり笑えた30分でした。ジルがドット絵画化の罠を踏んでみんな2Dの2頭身キャラに。このままストーリー進んでも良いんじゃないかと思えましたよ。ドラクエⅠみたいに対象がある方向を向かないと話を出来ないのは懐かしかったな。

王国軍は罠でイカツイ兵士が可愛いねずみさんの姿に。そんな情景を見て、カーヤは「集団ジサツする砂ねずみみたいで可愛い~!」とか言ってるし。ちょっと電波を開放した?そのカーヤに毒を吐くクーパって見た目に似合わず腹黒いのね・・・。デレ顔のアーメイもナイス(笑)。

次は性別転換の罠を踏んで大パニック。ジルはポヨ~ンな胸とバイ~ンなオシリの可愛い女性に変身。コイツに可愛さを感じては自分がアヤシイやつになってしまうじゃないか・・・。現実を受け止められないクーパは、ズボンの中のナニかを確認して納得。悔しいからって、ソコを叩いてはいけないヨ。急所だから(笑)。

元女性のカーヤたちはバランスの問題で歩き辛そうでしたね。カーヤは、「曲がる方向悪いのかしら?」とマタを叩きながら問題発言。

そして舞台は銭湯シーンへ。気になる部分を確かめたい野郎二人。ジルは口では「そんなことしてはダメだ!」とか言いつつも、顔はニンマリで女湯に入る気満々。ここはお約束のムフフタイム突入!という大事な所で、ジルがまたまた罠を踏んでドット絵画面に変更・・・。なんでそうなるんだよ(大涙)。でも、アーメイは男湯でちゃっかりナニかを確認した模様(笑)

そしてジルたちようやく出口にたどり着くも、そこには面白い隠し芸で冒険者を試す門がありました。声が若本さんだから面白くないはずがない!メルトとクーパの寒い芸は失格でウンコ泥まみれ。アーメイがトライしようと仲間の期待が集まるけど、まさかメルトとネタが被ったとは言えないよな(笑)。案の定、泥まみれ。

カーヤのネタは、可愛い声と仕草で猫のモノマネ。でも失格。この門強いぞ(笑)!。次々と散って行く仲間たち・・・。最後に残ったジルは、代々伝わる伝説で幻の踊りクーパー音頭で起死回生を狙うのは良いが、ドット絵画面では凄さが全く分からねぇ~!

クーパー音頭も失格。なんでも、門の前で同じ踊りをした者がいたからジルと同じ家系のアイツですな。その彼の踊りを見て、寒い賞賛を掛ける男二人と、幻滅と悲しみの涙で褒め称える女性一人。でも男が満足げな顔なのは、それがジルとの良い思いでだからなんだろうな・・・。そしてジル一行はスタートの分岐路に逆戻り。これで冒頭のヘンテコなパーティーの謎が解けました・・・。

今回のEDはやけに見易いな~と思ったら、文字が大きくなってました。苦情があったのかな?ハイビジョンTVならともかく、アナログTVじゃあの文字は読めないからね。

「ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~」オープニングテーマ~SWINGING「ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~」オープニングテーマ~SWINGING
(2008/05/28)
ムラマサ☆

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/327-4f94f590
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック