FC2ブログ

ドルアーガの塔 第3話「旅立ちの前に」

ここでは、「ドルアーガの塔 第3話「旅立ちの前に」」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


OPは1話とは一部変更されてますよね。ファティナが棒高跳びのスタイルで電車に駆け込むシーンで、1話は劇中の衣装だけど、2話以降は体操着姿で背中に「堀江」と書かれたゼッケンが貼ってあるから。そこ以外は変わってないかな?

前回死んだと思っていたギルガメス王は生きていましたね。王の命を狙うやからの存在を確かめる芝居だったわけだ。ニーバは王の命令で動いていると思ったけど、軍の内情を知る為だけの行動だというからには、何かと黒い部分がありそうな気がするな。

暗殺者だと勘違いされた事を城に行って身の潔白を示す!と意気込んでいたジルを魔法で眠らせ宿にご帰宅。風呂に入るジルのマタ付近は光で覆われ見えませんでした。さすがにココはDVD版でも解禁にはならないだろうな(笑)。

街中に落ちてきたスライムの中に取り込まれた少女を助けるのに、果敢にも家財道具で意気揚々と戦いを挑む勇者・ジル。スライムの体内で溺れる姿は弁解の余地が無いほどオマヌケでした・・・。アーメイの大活躍で少女を救出し、その娘がクーパでしたと。それにしても、春になるとモンスターがウジャウジャ落ちてくるメスキアって嫌な街だな・・・。

クーパは裏1話ではあまり気にならなかったけど、改めて声を聴くとやや甲高い声がちょっとイメージとは違う印象かも。ここは慣れだね。メルトと同じく、仲間に入れるならマヌケなヤロウより美人なお姉さんに限るよね。でもメルトのようなオヤジキャラにハーレムパーティー組まれると、無性にムカツキますが(笑)。

そんなやり取りしている所に王国軍が現れ、ジル御一行は拘束されてしまいました。カーヤだけは別に呼ばれギルガメス王と対面。二人の面識あるのは、カーヤがカイの末裔だから当然だね。でも公式HPの紹介で「天然系」は分かるとして、「電波系」というのは如何なものかと。天然の可愛い娘は好きだけど、電波で可愛い娘は嫌だな~。

そこで託されたジルへの剣。これは冒頭の80年前の回想で王が使っていた物かも。王に見込まれるほどの秘密がジルにあると面白いけど、どうだろうね?単なる熱血ガーディアンということは無いだろうけど、戦い方があの有様ですからね・・・。

メルトとクーパを正式に仲間に加え、パーティーの準備が揃ったところでいざ、ドルアーガの頂を目指し登頂開始!次回から勇者・ジルの大活躍が見られるんですよね???あと、このアニメの予告はハローワークだの職場の新人での苦労だの、キャラの愚痴が現実に通じるシュールさがあって好きだな~。

「ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~」オープニングテーマ~SWINGING「ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~」オープニングテーマ~SWINGING
(2008/05/28)
ムラマサ☆

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/313-2e82ffd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック