FC2ブログ

仮レビュー 春の新作アニメ

ここでは、「仮レビュー 春の新作アニメ」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


※以下のタイトルはレギュラーで感想を書く予定はありませんが、1話の感想だけでも。

二十面相の娘 第1話「とある戦後―。」
盗人を怪人とか言ったり、キャラのファッションが古臭く見えたときは、「なんだこれ?」と思いましたが、時代設定が昭和初期っぽいので(明確にいつ頃と明記されていないので)納得。タイトルは江戸川乱歩の遺族の許可を得て仕様しているようです。ある資産家の娘・チコは両親を亡くした後、儀父母に育てられ毒殺されそうな生活を送っていたとき、怪人二十面相と出会い彼に導かれるまま新たな世界に飛び出した・・・。というところかな?義理の母親の髪型に突っ込みを入れたのは何人かいたはず(笑)。颯爽と目標を盗み、刑事たちを軽くあしらう二十面相の優男っぷりが気持ち良い感じで、ストーリーもスピード感がありテンポ良く進んでいました。ライバルの虎も死んではいないだろうから、そこら辺の二十面との掛け合いも見所かな?


図書館戦争 状況〇一 我ガ王子様ハ図書隊ニアリ
本の公序良俗とか検閲とか、人権を侵害する表現を取り締まるために施行されたメディア良化法など、現実でも何かと問題になっている事と被り、ちょっと身構えて見てしまいました。原作は知りませんが、これは「戦争」を描く作品かな?本に関する戦いとはいえ、ホンモノの小銃持っているからには命のやり取りとか血なまぐさい展開があるのか?だとすると重い展開もあり得るかも・・・。冒頭のストーリー紹介は真面目でしたが、本編は笑えるコメディー要素もあり、1話を見た限りではどういう方向に進むのか良く分かりませんでした。個人的には、主人公・郁(いく)のかざす正義が無知で自己満足っぽく映り、ややイラッとしましたがその辺りの成長ストーリーを見る作品なんでしょうね。戦争と憧れの王子さまとのラブコメ。両者を上手く生かせるかがポイントかな。笑わせるシーンはもう少し控えてもいいかと・・・。


感想を書く作品の残り一枠はどれにしようか悩み中・・・。狂乱家族日記。BLASSREITER。仮面のメイドガイ。二十面相の娘(2話が良ければ)。う~ん・・・、どれを選ぼうか・・・。

逆にサヨウナラの作品は、S・A。2話を見るまでも無くバイバイ。少女コミック特有の「ノリ」に付いていけそうにないので・・・。

微妙の作品は、我が家のお稲荷様。と図書館戦争。前者はゆかなさんのタカビー演技は聞きたいけど、内容がね・・・。タイトルの面白さは評価できるけど(笑)。後者は上記の通り。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/307-4ecafcb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック