FC2ブログ

RD 潜脳調査室 第1話:ウラシマドライブ

ここでは、「RD 潜脳調査室 第1話:ウラシマドライブ」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


大ベテランを主役に抜擢するとはかなり挑戦的な作品だと思います。最近は若手がほとんどメインを占める中で、60歳を過ぎた森功至さんですからね。有名役はガンダムのガルマ・ザビかな?実際TVで声を聴くと予想以上に若く、違和感無くストーリーに集中できました。

ある海洋観測中に突如イレギュラーが発生し、潜っていた主人公・ハルは意識不明のまま50年が経ってしまった、というのが物語の始まり。ハルの命綱を腕に巻き、必至に引き上げようとする同僚の久島の腕の肉がめくれるて血が吹き飛ぶシーンは、映画のワンシーンみたいな緊張感がありましたね・・・。

ハルの世話をするホロンはイラストだと分かりづらかったけど、動く姿を見ると良いボディーを持ったアンドロイドですね。あとミナモも(笑)。15歳という若さを感じさせるフレッシュなブルーパンツでした。女性キャラの質感は動画で見ると結構イケテますよ(笑)。特に太もものムッチリ感が良いです!

最近は胸が見えたとか下着が見えたとかで賑わったりするけど、これは動きや仕草で魅せる作品だと思います。自然で無理にない動きというか、そういうところに色気を感じるな~。そういう意味では、ソウタと格闘シーンのホロンの動きは良かったですね。

先の事故で寝たっきりになって、次起きてみたら50年も月日が経過していたというのは重い現実ですが、久島は50年前と変わらない姿だったのは、全身義体だからなんですね・・・。主人公がおじいちゃんになって、今後どのようなストーリー展開をするのか気になるところです。

50年振りに「海が燃える現象」を観測され、突然じいちゃんハルのリアルな裸体が映ったときは驚きましたが(笑)。そしてミナモの言葉に触発されたか、その現象に影響されたかで電脳世界に潜り、ハルの体は50年前の状態に戻って新たな目的を見つけたシーンで次回に続く。

次回予告で、ミナモ役の声優・沖佳苗さんが実写で出ていましたが、予告ではなく「自己紹介」をしてました(笑)。しかも毎回この人の出演は今後も続くようですね。この作品は「海」を舞台にしているだけに、青の色使いが明るく綺麗だし、物語もいろいろ凝っていそうで見応えありそうな印象です。次回もハルの活躍が楽しみですね。もちろん、ホロンとミナモのムッチリな活躍も(笑)!

■『RD 潜脳調査室』製作発表会レポート

Always in My HeartRD 潜脳調査室ED Always in My Heart
(2008/04/16)
LAST ALLIANCE

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/303-1ef6ca80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック