機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第47話「生け贄」。ご懐妊おめでとうございます。

ここでは、「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第47話「生け贄」。ご懐妊おめでとうございます。」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回、火星行きが危ぶまれる混乱を予想させる終わり方だったのに、ギャラルホルン担当官はマクギリスに恩があるからと見逃してしまう。このアニメの駄目な所は、広げれば面白そうな話をあっさり片付けしまう事だね。

ユージンは、鉄華団が悪党扱いされて憤ってたけど、2期最初の回で、「鉄華団の活躍でギャラルホルンの腐敗を暴いたものの、治安は以前より悪化。テロや少年兵、ヒューマンデブリの増加を招き、弱者からの搾取は以前として続いている」とナレーションで言ってたから、「悪」なのは間違ってない。

アトラの妊娠はやたら引っ張る小作りネタがフラグになってて大体の人が予想してたし、ラジオで声優がほのめかす事を言ってたそうだから、驚きは無い。久しぶりに出番があったクーデリアも、何しに来たんだろと思う程度の活躍だった。

オルガは受けた依頼を反故するのは道理に反すると言っておきながら、相手がマクギリスなら通す道理は無いと言って、その場であっさり翻意。更に、ラスタルに泣き付いて団員を助けて欲しいと命乞い。前回、退けない戦いに覚悟を決めたのは一体何だったんだと思うと、ブレブレな態度は笑うしかない・・・。

助かる為にはID書き換えて別人になれば良いんじゃね?→それ名案!→これで助かるぜヒャッホウ!・・・逼迫する話でやるとは思えない中々高度なギャグだった。最後、マクギリスを裏切る算段がついたと思ったら、逆に裏切られてた?4月2日の最終回まで残り3話!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/2903-55563b08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期)「#47 生け贄」に関するアニログです。
2017/03/14(火) | anilog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。