機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第46話「誰が為」。オルガ、(残り数話にして)戦いへの迷いを断つ!

ここでは、「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第46話「誰が為」。オルガ、(残り数話にして)戦いへの迷いを断つ!」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジュリエッタは三日月を「人間じゃない」と言ってたけど、彼は戦闘マシーンだから感情は無い。マシーンだから当然、精神的な成長もない。ただ、オルガの命令通りに戦って殺戮を行うしかできない。オルフェンズを見ていて辛いのは、最終回間近になっても主人公に何一つ共感出来ない事だね・・・。

バエルは初登場時は「最強」という感じがして凄くワクワクしたけど、全然弱くて悲しくなってくる。隠された武器や機能があると思いたいけど・・・。イスルギの犠牲は、情けない上司の威厳を保つ為のものとしか思えない。ジュリエッタもバエル同様、最初は「強い女」という印象で活躍に期待してたのに、三日月に半殺しされて重傷。次回、再戦した際は、三日月の腕か脚の片方でも潰すくらいの強さは示して欲しい。

ヤマギは想い人を失ってオルガに八つ当たりしたのは正しい行動かと。今の熾烈な戦争の道を選んだボスが、ションボリして落ち込んでれば怒りたくもなる。今回もヤマギとシノは実は相思相愛と感じさせたり、三日月とオルガのいつもの2人きりのシーンあったりと、そっち系の人は盛り上がったろうね。そして、残り3、4話にしてオルガが「俺に出来る事は迷わねぇ事だ」と決断。今、それを言いう!?とツッコんだ事が46話の印象的な事でした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/2902-846359c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期)「#46 誰が為」に関するアニログです。
2017/03/08(水) | anilog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。