機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第44話「魂を手にした男」。身を呈して守りを誓うロリコンの鑑!

ここでは、「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第44話「魂を手にした男」。身を呈して守りを誓うロリコンの鑑!」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


やり方に問題は有れどマクギリスの組織改革は納得出来るし、ラスタルのマクギリス批判も間違っていない。どちらが正義で悪という形にハマらないのはガンダムらしい構図だけど、今の鉄華団には共感する余地は皆無。メインヒロインのクーデリアは何やら決意を語ってたけど、未だ行動を起こさず椅子に座ってただ祈るだけ。唯一共感出来るのがガエリオ一人というのは寂しいな・・・。

次回から最終回までは恐らく各勢力、各ライバルとの決着回になると思うけど、MAの虐殺の過去がマクギリスのセリフでサラッと語られて終わった様に、ギャラルホルンの基礎を作ったアグニカ・カイエルは顔も出ず詳しい過去も語られないまま終わりそうなのは残念。一話程度は時間を割いても良かったかと。しかし、バエルは遺物だからと存在に意味が無くなってたのは笑った・・・。

アリアンロッド艦隊との戦いが「最後」だからと、鉄華団には笑顔や笑いがある等のお気楽ムードが漂ってたけど、最後の戦いではなく最期の戦いになったりしてね。そう予想する声も多いし。最後、アトラを抱きしめる三日月が急に人間ぽい行動に出てたけど今更感は否めない。そういう成長は1期から徐々にやっておけば、感慨深いシーンになってたかもね。小作りネタがまだ生きてるなら、きっとあのタイミングで「仕込んだ」と思うけど、その辺はどうなんだ!?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/2900-32ff9582
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第44話を見ました。 #44 魂を手にした男 「ガエリオ・ボードウィンはここに宣言する。逆賊・マクギリス・ファリドを討つと」 アグニカの魂に認められたものだけがバエルに乗れるというギャラルホルンの伝説通り、ガンダムバエルを手中に収めたマクギリスだったが、ラスタル達は反旗を翻そうとしていた。 アルミリアはマクギリスのことを憎みながら...
2017/02/19(日) | MAGI☆の日記
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期)「#44 魂を手にした男」に関するアニログです。
2017/02/21(火) | anilog