FC2ブログ

最終回アニメ、感想(5つ分あるので長め)

ここでは、「最終回アニメ、感想(5つ分あるので長め)」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


のらみみ
キャラだけ見るとギャグアニメっぽい印象でしたが、蓋を開けてみると以外にもほのぼのしたり、しんみりする話があったのは良い意味で期待を裏切ってくれた作品です。印象的なキャラは「コトリのチーパッパ」と「魔女っ娘メリィーちゃん」。前者は純粋に可愛かったですね。後者は純粋ではなく可愛かった(笑)。キャラは動物を格好をしたタイプが多いけど、メリィーは見た目が大人の女性で、特技が魔法。この組み合わせが萌えずにいられますか???残念なのが、キャラと一緒に居られる期間は小学生まで(涙)。OPのゆる~い曲も楽しくて良い雰囲気出てました。唯一心配なのが、毎回どこかしらに「このヒト探してます」的に出演してたカッパ(OPの35秒くらいに川に流れているキャラ)が、しっかり居候先に帰れたのかですね(笑)。2期やらないかな?


俗・さよなら絶望先生
1期を見ていたので、内容は相変わらず笑えて面白かったです。毎回、時事ネタとかパロディーがたくさんあってツッコミどころも満載。背景ネタも多くて、それを確認するのにいつ一時停止とか巻き戻しをするのが大変でしたが(汗)。途中飛ばそうかと思いましたよ(笑)。OPとEDも凝った内容でしたね。意味不明な画には少し驚きましたけど。知恵先生にナジラレタイな~(←ヘンタイ


true tears
これは音楽やストーリー、安定した作画が相まった良作だと思います。最初の感想で「地味」と書きましたけど、最後まで地味でした(笑)。でもそれが逆に良かったです。H2O見た後にこのアニメ見るとすごく落ち着くんですよ。あっちは内容が鬱過ぎて・・・。それにしても、4番といい比呂美といい、眞一郎を呼び出しておいて「帰ってくれ」というのは勝手すぎるだろ(笑)。最終話の比呂美のパンチラは芸が細かいって(笑)。最後はみんなちゃんと「泣け」たし、ちょっと寄り道したけど眞一郎も自分の気持ちに正直だったのは男らしかったね。キミキスの光一に爪の垢を煎じて飲ませてやりたいゾ!一つ気になったのは、「止め絵」が多い事ですね。締めのシーンや特に強調した場面で使うことは良くありますが、この作品はその仕様が多いように感じましたし、中盤以降は1話で2、3回ほどあったりしてやや安っぽい演出に見えました。監督はある番組で、何も動かない絵で数十秒を使ったことがあると言ってましたから、そのクセが出たのかな?内容は良いので、機会があれば見てみるのも良いかもしれませんね。


銀魂
これはまだ放送は続いてますが、飽きたので見切りを付けて視聴終了。90話辺りまではなんとか見てましたが、だいぶ前からマンネリを感じていました。OP・ED曲を飛ばしたり、本編も何か別の事をしながら見たり、シリアスな話は見なかったりと、視聴も適当になってきたので切り時だと思ったので・・・。レギュラーで見始めたのも「ヘンタイクノイチのさっちゃんが気になる」という適当な理由ですから、さっちゃんの出番が少なくなって来たし、ちょうど良い機会でした(笑)。放送時間帯ギリギリ?のアブナイ表現は好きだったけどね。長くやっていれば名作というわけでもないのかな?→一部局で銀魂が打ち切られる事が公式に発表


ハヤテのごとく!
これも銀魂と同じく切りかけたアニメだけど、最終回まで見続けることが出来ました。何が面白いかと聞かれると正直分からないんですよね(笑)。原作ファンでもないし、歌が好きだとかキャラ萌えで見ていたわけでもなし。強いて言えば、パロディーが良かったくらいかな?4クールもやった割には、ハヤテが三千院のじいちゃんに貰った石の事が、ほとんど意味不明なままだし。個人的には2クールくらいが丁度良いかなと思いました。2期の制作が正式に決まったようなので、次はもう少しちゃんと見ようと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/290-c556ddf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック