機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第40話「燃ゆる太陽に照らされて」。ゲスの極みイオク。

ここでは、「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第40話「燃ゆる太陽に照らされて」。ゲスの極みイオク。」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は名瀬とアミダが散るには相応しい舞台だったのに、イオク言動で全てが台無し。イオクは大馬鹿者だけど騎士道を重んじる武人と思っていただけに残念でならない。証拠のねつ造。条約禁止兵器使用。味方への砲撃。ラフタルの為に名瀬の停戦信号を無視して輸送艇容赦無く攻撃。アミダの特攻を潰して「万歳ヤッターッ!」・・・。

シリアスを和ませようとするのはたぶん脚本のクセや監督、シリーズ構成の意図もあるだろうけど、今回はそれはすべきじゃなかった。そのせいで名瀬とアミダのラストシーンが全く泣けなかった。明確に戦死したシーンが無かったからイオクは恐らく生きてるだろうけど、ここは名瀬と相打ちでも良かった気がする。オルフェンズの唯一ダメな所は、シリアスをしっかりやり切れない事だよなぁ。名瀬とアミダが戦死したのに、予告でのラフタのユルいセリフも酷い・・・。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/2896-0e276c6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第40話を見ました。 #40 燃ゆる太陽に照らされて ジャスレイとイオクの罠によって違法組織として追われる身となった名瀬はタービンズを解散して自分の女達をマクマードに託して自ら犠牲になることを決める。 一方、応援を出そうとするオルガだったが、マクマードに巻き添え喰らって潰されてしまうと止められてしまう。 「分かった。言っとく」 ...
2017/01/22(日) | MAGI☆の日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。