機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第33話「火星の王」。結構うるっと来た・・・。

ここでは、「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第33話「火星の王」。結構うるっと来た・・・。」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


2期はマクギリスの話が面白い。組織改革に関してラスタルとの駆け引きやヴィダールとの因縁、前回の戦いの様に必ずしも万能では無い部分が垣間見えたりする。ガエリオを切り捨てる非情さを含めても、今のマクギリスに共感出来る所が多いと感じるんですよね。大人が主人公のTVシリーズのガンダムはGガンダムだけだし。

今はマクギリスと鉄華団は協力関係にあるけど、将来的には解消されるだろうな。その時、マクギリスと鉄華団のどちらに共感出来るんだろ。マクギリスに付いて行けばゆくゆくは鉄華団が火星の王として火星を「支配」する。オルガは乗り気。話と通せばテイワズより強大な組織になれると思い込んでる辺り、マクギリスの火星支配権の話は結構危険だよなぁ。名瀬の理解だけで済む話じゃないし。

今回印象的だったのはやっぱりタカキの火星の王反対と退団。前者は三日月にこそ言って欲しい事だったけど、オルガに絶対服従だから反対はしないよな。闇堕ち寸前でとどまってちゃんと自分の考えを言えたのはさすが。鉄華団より本当の家族を大切にしろという三日月の考えは、33話にして初めての変化?

最後、鉄華団の制服を脱いで普通の子供になって妹と家に帰るシーンは、かなりグッと来た・・・。彼みたいな「良心」こそ残って欲しかったけど、あのまま残ってたら妹が天涯孤独になりかねなしね。タカヒロとラフタは事実上のカップルだけど、2人あるいは一方が死ぬ展開あるのかな。美男美女だし人気キャラだからフラグは回避するだろけど。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/2888-2d9536de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期)「#33 火星の王」に関するアニログです。
2016/11/22(火) | anilog