機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第32話「友よ」。ただの殺し合い。

ここでは、「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第32話「友よ」。ただの殺し合い。」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
余裕と思ってたマクギリスが機体を損傷させ且つ焦った顔が見られるとは思わなかったな。三日月の介入が遅ければ恐らく死んでたろうね。マクギリスはアストンを殺したけど、それで彼を責める事は出来ないよなぁ。

マクギリスが「味方」と知るのは鉄華団の一部だけでタカキ達は知らなかったし、ガランの扇動に乗ってしまったタカキの方が責任が大きい。ま、その責任の取り方がラディーチェへに対するケジメなんだろけど。騒動の首謀者のラディーチェはタカキが殺したけど、やられたらやり返すというのばかりでちょっと飽きる。相変わらず直ぐ殺したがる三日月は1期から全然成長しないのも同じ。

ガンダムは戦争物。主義主張のぶつかり合い。その中で人が死ぬけど、オルフェンズの戦いは自分の主張を通す為のただの殺し合いにしか思えないんだよね・・・。特に鉄華団には。アストンは戦闘前に死亡フラグ立ててたから、驚きは無いし死んだことも悲しいとは感じなかった。あと彼の死に様がビスケットの時と似てた様に思えた。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/2887-6ae46f05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第32話を見ました。 #32 友よ ギャラルホルンはSAUからの調停要請を引き受け、長引く戦況を打開するためマクギリスは自らMSで戦場へ出撃する。 アーブラウ側の戦力を削るマクギリスのもとにガラン率いる一隊が急襲する。 「鉄華団のパイロット、これは団長からの指示なのか?オルガ・イツカの指示なのかを聞かせてもらいたい」 「そうだ」...
2016/11/13(日) | MAGI☆の日記
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期)「#32 友よ」に関するアニログです。
2016/11/16(水) | anilog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。