機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第26話「新しい血」

ここでは、「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第26話「新しい血」」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


鉄華団は先の戦いでギャラルホルンの腐敗を暴き名を上げ、テイワズ直系の傘下に入って軍事顧問を務めるまでになったものの、その代償?として治安は以前より悪化。テロや少年兵、ヒューマンデブリの増加を招き、弱者からの搾取は以前として続いていると・・・。

ヤナギが三日月を「鬼人、悪魔」と言ってたのは、1期終盤の戦いを見れば確かだし、人として壊れているという意味では「産廃」というのも間違ってはいないな。オルガは名瀬と聞いただけで顔を赤らめちゃって。オルフェンズは男キャラの上半身の裸や○○×○○みたいな「腐」向けの要素もあるから人気もあるんだろうな(笑)

マクギリスは司令官になってたか。カルタ・イシューの「意思」を継いだとか、よくもまぁ言えたもんだなと怒る所か逆に感心したわ。カルタに関しては劇中では酷い扱いだったし、三日月になぶり殺しの戦いをされ無念の最期を遂げたのが印象的だった・・・。上官のラスタルは、マクギリスの野望を承知上で、来るなら掛かってこい!とは中々剛胆な軍人ですな。マクギリスの呟いた「自分にはもう友人はいない」は、後の伏線ですかね。きっと「彼」なら生きてると信じてる。

ラストにバルバトスが登場。活躍は次回に持ち越しですか。2期のスタートとしてはまずまずでしたが、2期に望む事は2つ。一つは三日月のオルガ依存症からの脱却。もう一つは三日月が「人」としての成長かな。いつまでもオルガにべったりじゃ詰まらないし、殺戮マシーンで終始しては共感し辛いしね。EDを見ると新しいマスクマンが登場するようで。顔を隠す必要がある人物って「彼」なんでしょうかね・・・。

1期は戦争のリアル、非情さを追及した様な話だった割りに、脚本的に人気の美男美女は退場させたくなかったのか、メインキャラの戦闘での死者がビスケットのみ。アルドノアゼロかよ!と思った。ギャラルホルン側ばかりやられっぷりが目立ったので、ご都合的な話は控えめにして欲しいか。期待し過ぎた所もあるけど、ガンダムだからやはり期待してしまうな。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/2881-b2cd1573
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第26話を見ました。 #26 新しい血 「もうすぐ夜明けだね」 「あぁ、いよいよ歳星へ出発だ。そこでテイワズと盃を交わしゃ、俺らはいよいよ名瀬の兄貴と肩を並べることになる。テイワズの直系団体だ。この規模の農場だけじゃまだまだ金は足りねえ。鉄華団に入りてえって居場所のねえ奴らもわんさか集まってくる。いつかは真っ当な商売だけでやっていく...
2016/10/02(日) | MAGI☆の日記