機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第25話「鉄華団」。何とかまとまってひと安心かな?

ここでは、「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第25話「鉄華団」。何とかまとまってひと安心かな?」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


マクギリスの言う事は、正しいか否かは別として個人的には理解出来る。腐った組織の改革は綺麗事だけでは不可能。だから、命すら軽んじようとも親友を裏切ろうとも荒療治を行うしかない。三日月が可愛く思える程の鬼畜っぷり。マクギリスこそ、ここ何作かのガンダムでも居なかった「悪」だと思うな。彼にはもっともっとキチガイで鬼畜で血も涙も無い外道を歩んで欲しいね。その様は、Vガンダムのカテジナを超えてるんじゃないかな?

ガエリオの慟哭は見るに堪えん悲しさがあったけど、妹の将来を保障するというマクギリスの言葉がせめてもの救いだったか・・・。ただ、それがどういう形で保障されるのか逆に不安に感じたけど。ガエリオは普通に見れば非業の死を遂げた様に見えるけど、遺体が映って無かったのが少し気になるかな。彼も阿頼耶識システムで生き延びて、マクギリスに復讐をする・・・という展開があっても面白そう。

利用された挙句に戦死したアインには、お疲れさんと言いたい・・・。三日月はさすが主人公だけあって大した怪我はしなかったけど、平常時は右目と右腕が不自由なハンデを負ったのは「ぶっ壊れ」の代償か。シノは絶対に死ぬと思ってたのに、死ななかったのは意外だった。ラフタとアジーも前回のやられ方の割に「綺麗に」負傷してたのも意外で不満。

結局、終盤における激戦で、鉄華団側のメインキャラの犠牲者はビスケットだけだったな。第1期の終盤は怒とうの展開でしたが、何とかうまくまとまって安心した。早々に2期が確定的だったので、秋からの2期決定に驚きな無いです。4月からマクロスΔが始まるので、2期までの繋ぎに見るアニメとしては期待十分かな。

そうそう、4月からOVAをTV様に編集されたガンダムUCが放送されますが、、新作カットはあれど基本ストーリーは変わらないと思うので感想は書きません。ブログで感想を書くアニメは、今の所、上記のマクロスΔ一本の予定です。


■デュラララ!!×2 結 第36話「会うは別れの始め」
新羅とセルティが寄りを戻せただけでも良しとしますか。臨也は静雄の嫁が致命傷?を与えたし、帝人は隆志に4回滅多刺しされた事で、各方面に散々迷惑掛けた事は取り合えずチャラか。最終回だけどあまり感想という程の感想は無いな。

起・承・転・結。全5クール見て来たけど、その〆方としてはしっかりまとまった・・・のかな?承と転は中だるみしちゃってあまり熱心には見てなかったからぁ。4日前に円盤第2巻が発売されたけど、イベチケブーストが無い分どれだけ売り上げに影響したか、来週中盤くらいには分かるかな?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/2834-0d24cbcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 5 (特装限定版) [Blu-ray]posted with amazlet at 16.03.22バンダイビジュアル (2016-04-22)売り上げランキング: 209Amazon.co.jpで詳細を見る  とりあえず、業務報告。  ガエリオのことで泣き過ぎて、泣き疲れました。  加えて、最終回に相応しく、書きたいことがとても多くなりました。 ...
2016/03/27(日) | 新・00をひとりごつ
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第25話を見ました。 #25 鉄華団 議事堂へと急ぐオルガ達の前に現れたクーデリアを狙うアインのもとに三日月が駆けつける。 『俺達は議事堂へ向かう。そっちは任せたぞ』 「あぁ、任され、た!」 その頃、ガエリオの前に立ちはだかったマクギリスは正体と目的を明かす。 「ギャラルホルンが提唱してきた人体改造は悪であるという思想を真っ向...
2016/03/27(日) | MAGI☆の日記
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ「第25話 鉄華団」に関するアニログです。
2016/03/30(水) | anilog