機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第24話「未来の報酬」。次回、「1期」の最終回?

ここでは、「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第24話「未来の報酬」。次回、「1期」の最終回?」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※今週も感想長いです※

多数の死傷者を出してる鉄華団は壊滅不可避という感じ。これが、鉄華団の一連の戦争のそもそもの切っ掛けであるクーデリアと、ビスケットの敵討ちので狂ったオルガと三日月が選んだ道なんだよな。オルガの最後の演説は、多分、鉄華団の結束がより固まったのを見て胸打たれるシーンなんだろうけど、個人的にはメイリビットと同じ気持ちだった。感動する所か逆に異様な光景に映った。

おやっさんはやはり、彼らが狂ってると分かってても何も言わなかったな。メリビットの慟哭が印象的でしたが、彼女は「良心」を表すキャラだと思う。現在のオルフェンズにまともなキャラは居ない上に、メリビットも狂ってしまえば、視聴者が気持ちを落ち着ける部分が無くなるしね。

そして、遂にある意味「真打」とも言うべきアインが登場!早速、無双振りを発揮して、アジーとラフタが生死不明。ラフタはドリルでエグられた様なシーンがあったけど・・・。この2人もこの戦闘での戦死すると思ってたんだけどね。

シノは予想通りのフルボッコでしたが、止めは刺されず。あの場でアインに討たれても良かったと思ったけど、かろうじて生きてるか。アトラもクーデリアと庇って死ぬ位の悲惨さがあったら、三日月の人間的な感情の爆発があったかなと思ってより場が盛り上がったろうに。三日月×アイン、ガエリオ×マクギリス。それぞれの勝負は「1期」の最終回でか。ガエリオは敵が親友と知った果てに絶望を抱いて戦死かな・・・。

SEEDで散々見た不殺の戦いは、主人公の戦闘技術の高さと強さを見せ付けるには良いんだろうけど面白味が無い。かと言って、前回の三日月みたいな血も涙も無い冷酷な戦いが面白いかと聞かれれば、良いとも悪いとも言い難い。

一つ言えるのは、批評なり喧嘩なりどんな形であれ、視聴者がいろんな意見をぶつけ合ってるオルフェンズは、製作側の思惑が上手く反映されてるのかなと思う。前回は失望したけど最終回には大いに期待してます!


■デュラララ!!×2 結 第35話「水の流れと人の行末」
長く見て来たアニメでも面白ければ最終回が辛いけど、このアニメは逆に最終回が待ち遠しかった。やっと終わってくれると思うと悲しい所か逆に嬉しいくらいだし。最終回でどう落し前付けるんだろうな。帝人は腕に小型の銃を隠して親友を撃つしで、臨也同様、これまでして来た事に対する相応の決着を期待してる。最後に、鯨木さんを振ったのは惜しい事をしたなと・・・。
コメント
この記事へのコメント
オルフェンズは争いを求めた先に何があるのかを描く作品なのかもしれませんね。
2016/03/21(月) 09:35 | URL | ろーぷれ #OARS9n6I[ 編集]
> オルフェンズは争いを求めた先に何があるのかを描く作品なのかもしれませんね。

戦う事しか出来なかった彼らがその先に何を見るのか。短いながらも、投稿者様のコメントの通りだと思って考えさせられます。最終回でそれがどう示されるのか楽しみですね。
2016/03/21(月) 20:57 | URL | V-Dash #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/2832-1f601d64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第24話を見ました。 #24 未来の報酬 遂に目的地エドモントンへと到着した鉄華団は議会場まで蒔苗を送り届ければいいのだが、叩いても叩いてもギャラルホルンの軍勢が休む間もなく襲い掛かってくる。 「まだ突破できんのか?午後には本会議場でアーブラウ代表s名選挙が始まる。タイムリミットでまで後6時間…やはり荷が重かったか…」 「彼らを疑...
2016/03/20(日) | MAGI☆の日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。