機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第23話「最後の嘘」。三日月ガキチガイは見るに堪えん・・・。

ここでは、「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第23話「最後の嘘」。三日月ガキチガイは見るに堪えん・・・。」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※かなり長い感想なので注意※

アインの変わり果てた姿は吐き気を催すレベルだな・・・。MSと一体化させる事で助かったとはいえ、その為に残った人間の部分は頭と胴体だけ。「接続」されたコックピット内を想像するのもおぞましい。カルタに与えられた最後のチャンスだったけど、それは、マクギリスが彼女の女心を利用し、勝てないと分かった上で鉄華団に始末させる魂胆が見え見え。マクギリスは汚い男だ・・・。

メリビットがオルガを危惧するのは当然か。ビスケットの敵討ちという大義で、立ち塞がる全てを殺し壊すというのを少年が言うんだからな。今の鉄華団一行の中にまともな精神を持ってるのは、恐らくメリビットくらいだろ。テイワズの2人は言動からして「破壊」には肯定的だし、アトラは子供だし三日月に好意を寄せてる以上反対するとは思えない。おやっさんはただ諭すしかしないだろうから。

今回最も不快だったのは、三日月の態度とカルタ扱い。敵ながら正々堂々と決闘を申し込んだカルタの言葉を全く意に介さず不意打ちをした挙句、一方的になぶり殺し。決闘を受ける義理は無いとはいえ、カルタは最後の出撃なのに、鳩が豆鉄砲を食らったかの様に慌てて、ただ殺されて行くカルタと部下の様は、見ていてただただ不快でした。

更に、三日月の戦いを嬉々として、さも正当である様に見守る少年たちも異様に見えた。あんなの見たら、メリビットでなくても心が痛くなる・・・。

三日月は空気を読めないキャラなのは分かっていても、カルタに不意打ちをしたり、殺人マシーンに仕立て、最期に笑い何故笑いを含めるのか、脚本家の意図が全く理解出来ない。今までは、三日月の「ぶっ壊れ」も結構寛容的見て来たけど、今回は無理だったわ。個人的にはシン・アスカ以上の下衆で不快なキチガイキャラだと思う。狂気、暴走をいさめる事が出来る大人が居ないのは問題だよね。

最後の出撃だったにも関わらず、まともに戦うことすら出来ず、声でマクギリスとガエリオを判別出来ず瞳から光が消えて息絶えたカルタの遺体が、不憫で仕方なかった・・・。

共感出来るキャラの居なくなった鉄華団は、一度「リセット」されるべきだと思うな。ガンダムは好きだから、大抵の事は好意的見ちゃうんだけど、今回の話でオルフェンズの全てに対して気持ちが冷めて行くのがハッキリと分かった。残り2話は失望させない話であって欲しい、少しは三日月に人間らしい部分も見せて欲しい。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/2829-e147ddc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 4 (特装限定版) [Blu-ray]posted with amazlet at 16.02.22バンダイビジュアル (2016-03-25)売り上げランキング: 189Amazon.co.jpで詳細を見る  色んな真実があって、色んな嘘があった。  中でも際立った嘘は、やはり。    最早、ここで多くを語ることもないでしょう。  全ては以下...
2016/03/14(月) | 新・00をひとりごつ
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ「第23話 最後の嘘」に関するアニログです。
2016/03/15(火) | anilog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。