機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第21話「還るべき場所へ」。笑いは無しにしましょうよ・・・。

ここでは、「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第21話「還るべき場所へ」。笑いは無しにしましょうよ・・・。」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


今回は前哨戦と認識してたから、大将のカルタ自ら出撃するとは正直思って無かった。ビスケットの戦死という重大な出来事に対するカルタ達の戦いが、あまりにも無様で「ギャグ」になってたのは、どうにかならなかったのかね。オルフェンズは戦闘にちょくちょく「笑い」を織り交ぜて来るのが、面白いけど個人的にはあまり歓迎出来ない。

敵を目の前にしてポーズ取って口上を述べるなんて、攻撃して下さいと言ってる様なモノだし。カルタのMSが剣を手を乗せる構え方が、ガンダムWのトールギスⅡみたいだった。ビスケットの妹と桜ちゃんの平穏なアバンが逆に不安を予感させるものだから、結構心臓バクバクしながら見てたよ。島を抜けたらオルガと話し合うのはフラグ以外の何物でもないし、パイロットをやる時点で先週の予告でビスケットの戦死は確信してた。

アインの件もあるし、モビルワーカーに下半身が押し潰されて・・・なんてエグい事を想像したけど、五体満足で死ねただけマシか。カルタの弱さには正直ガッカリだけど、死んで無いから恐らく捕虜かな?井上さんは今回のどの辺に落ち込んだんだろ(ラジオ情報)。鉄華団は軍隊じゃないから扱いはどうなるんだろね。素直に捕まるより絶対何かする事に期待してる。もしくは、マクギリスに無様な姿を見られて発狂とか?


■デュラララ!!×2 結 第32話「虎は死して皮を残す」
セルティの首が戻って来たましたが、当たり前だけど胴体と繋がる訳じゃないんだよね。彼女がデュラハンと言う事をすっかり忘れてた。新羅のセリフからして静雄と臨也のどちかかが死にそうな感じだけど、きっとそうはならないんだろうな。帝人が拳銃をどう扱うか。誰かを怪我させても射殺しても擁護出来ないし、そもそも所持してる時点でアウトだし。そこら辺はどう決着するかな。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/2825-c4977f34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第21話を見ました。 #21 還るべき場所へ オルガは鉄華団とクーデリアの身柄を引き渡せと ギャラルホルンがいってきたと蒔苗に呼び出される。 「島から見える距離にギャラルホルンの船を確認した」 「いくら指揮系統が違うとはいえ、ギャラルホルンの一部隊が独断でやって来るなんて…」 「いははや、やはりお前達は只者ではなさそうだわい。セ...
2016/02/29(月) | MAGI☆の日記
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 4 (特装限定版) [Blu-ray]posted with amazlet at 16.02.22バンダイビジュアル (2016-03-25)売り上げランキング: 189Amazon.co.jpで詳細を見る  予想してなかった分、今回の話は辛かった(;´Д`)  辛くて、なんだか全てに対してマイナスの目線で見てしまいます…。  今回の感想は、...
2016/02/29(月) | 新・00をひとりごつ