機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第18話「声」。衝撃!仮面の正体はマクギリスだった!(棒

ここでは、「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第18話「声」。衝撃!仮面の正体はマクギリスだった!(棒」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガンダムWだったら間違い無く、クーデリアはロームフェラ財団の代表になってたろうな。彼女の言動は毅然として勇敢に思えるけど、個人的には首を傾げて「んん!?!?」という気持ち。フミタンの死もクーデリアの決意も少しばかり急に思えて、今ひとつ共感し辛いのが正直な所。これまで起こった事総てを「責任」という言葉で背負うとしてる感じ。

火星人は人間にあらず。純地球人こそが人間である。スペースノイドVSアースノイド。ナチュラルVSコーディネーターみたいな対立の構図だな。前回のデモ弾圧を憎む事といい、今回のアインの話をしっかり聞いてやる事といい、ガエリオの好感度がウナギ登りですわ。その彼を味噌っかす呼ばわりする麻呂毛の新キャラ来たけど、存在自体が濃過ぎて笑っちゃうな(笑)。部下が全員YESマンの美青年なのは、そういう趣味なのか?

クランクが良い軍人だったのはアインの話から分かったけど、やっぱり死なすのが早過ぎたよなぁ。今回、遂に仮面の男の正体が判明!いやぁ、まさかロリコンのマクギリスがそうだったとは気付かなかったわー(すっとぼけ)。組織改革は恐らく本心だろうけど、クーデリアだけでなく鉄華団すら利用しようとしてるのが怪しさ200%。腹の中黒そう。

クーデリアが三日月の優しさで涙するのは、多分感動するシーンなんだろうけど、気負って失敗して挫折して、そこを優しさで包む方が自然だと思うんだよね。話にぼちぼち残念な所があるな。今回も話に展開があったけど、残り7話ではどうみてもまとまりそうにないし、クーデリアが地球に降りる辺りで一旦終わって、サントラの情報通り、今放送してるのが「1期」で、間を開けて「2期」という流れ?


■デュラララ!!×2 結 第29話「闇に惑う」
デュラララ見てたつもりが何故かスパイダーマンを見ていた(笑)。結では自転車壊されてビビってた子供みたいな臨也を見てみたい。正臣の怪我した右手は何か「露出」してる様に見えたけど、骨じゃないよね?セルティの馬が自転車に変化したのは、個人的に今回一番面白かった。このアニメは総ての決着が大抵エピソードの最後だから、最終回までモヤモヤした気持ちで視聴するのかな。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/2819-78941936
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第18話を見ました。 #18 声 「私はクーデリア・藍那・バーンスタイン。私の声が届いていますか?皆さんにお伝えします。宇宙の片隅、ドルトコロニーで起きていることを。そこに生きる人々の真実を。私は自分の生まれ育った火星の人々を救いたいと願い、行動してきました。けれど、あまりに無知だった。ギャラルホルンの支配に苦しむ人々は宇宙の各地に存...
2016/02/08(月) | MAGI☆の日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。