機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第11話「ヒューマン・デブリ」。今日からマッキー(ロリコン)と呼ばせて下さい。

ここでは、「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第11話「ヒューマン・デブリ」。今日からマッキー(ロリコン)と呼ばせて下さい。」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バルバトスの新装備は少しミーティアやGNアームズに似てるも。しかし、おやっさんがパイロットしてたのはシリアスなシーンの中でありながら笑ったわ(笑)。ヘビ舌マッチョが乗ってたMSはかなり「個性的な」デザインだけど、あれも一応ガンダムなんだよね。パイロットもMSも「ネタ」としては面白い。

タカキみたいな優しいキャラは大抵、戦いになると死んじゃうけど、今回は助かったようで。SEEDのトールみたいにエグ死に方しなくて良かったな。クーデリアはともかく、オルガも仲間である生身の人間が血を流して苦しむ姿には動揺を隠せなかったかね。ブルワーズのリーダーが人の言葉を話すイノシシだったのは驚いたな(笑)。部下ヘビ舌で男色家だし。

三日月達のライバルであるマクギリス改めマッキーとガエリオのシーンが多かった事に満足。レコンギスタは、マスクの背景はほとんど語られず、映像にも無く、視聴者が想像するしかなかったですから。にしても、許嫁が本当のようL"ヨだったのがうらやmけしからん!

抱き付くのを「みんなが見ているよ」とたしなめてたけど、メイド達は「・・・ロリコン」と心で思ってたに違いない(笑)。医務室でのシーンは、同性としては共感出来て胸にグッと来るものがあったな。次回は、道理を知らない連中に「おしおき」でもしますか?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/2805-2611f03c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。