アクエリオンロゴス 第6話「灯せ!己の強さ」

ここでは、「アクエリオンロゴス 第6話「灯せ!己の強さ」」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


荘厳の始末に失敗した部隊はあの場で殺されたのかね。公務員って大変だな。陽の性格は祖父母の影響かなと思ったけど違うっぽい。舞亜が家に来て嬉しかったみたいだけど、感情をほとんど表に出ないからよく分からない。総は彼自身は魅力的なキャラなのに、良いヤツ過ぎて敵としての魅力が無いんだよなぁ。桜子の正体を知ったり舞亜と決別?があれば変わるんだろうかね。

2人茶をしてるシーン見ると、対立の構図がとても弱く見えてストーリー展開に不安を覚える。次回に続く話だったのは、このエピソードが重要なものだから?今回気になったのは、娘を声優として売りたい花嵐ママンに、翼人が「話題性で一時的に人気が出ても生き残れないのが大多数」というセリフ。自分は声優じゃないけど耳が痛いセリフだった(汗)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/2753-86fb8436
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック