ユリ熊嵐 第10話「ともだちの扉」。

ここでは、「ユリ熊嵐 第10話「ともだちの扉」。」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
駆除されたこのみがサイボーグにされて発電機になってたのがシュールで笑えた。紅羽がるるを助けたのが、ちょっとグッと来たな。人になる代償にとして銀子が紅羽の記憶を失った理由は分かったけど、紅羽が銀子を忘れてしまったのはナゼなんですかね。

るると助けてひと安心と思ったら捕まって百合裁判。まさか、紅羽が人を辞めて熊になる?人間界にはもう紅羽の大切な人は居ないワケだし、気持ちに素直になれたなら、「姿」に拘る理由は無いしなぁ。絵本の結末通りになるならハッピーエンドだろうけど、どうなるんですかね。


■デス・パレード 第9話「デス・カウンター」
最高に胸糞悪い話だったけど、最高に面白かった話でもあったかな。臓器のパックを粉砕して苦しみもがく刑事の様子はなかなかエグくて見応えあったし。中の人の声とマッチして、刑事の外道っぷりに拍車が掛かってたのも良かった。話の流れ的に、ゲームは今回で最後で残り3話で裁定者の話になりそう?


ユリ熊嵐 第2巻 [Blu-ray]ユリ熊嵐 第2巻 [Blu-ray]
(2015/04/24)
荒川美穂、生田善子 他

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/2640-f4251235
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。