FC2ブログ

恐怖の戦慄!クロックタワー・シリーズを振り返る ④ 最終回(長文)

ここでは、「恐怖の戦慄!クロックタワー・シリーズを振り返る ④ 最終回(長文)」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


時が過ぎれば変わる物は変わるんです。このクロックタワー3の様に・・・。以前までとは全くの別物のゲームになってしまった事で、ファンの間では「クロックタワー」はシンだ!と思われたほどです。というわけで、クロックタワーを振り返るこのネタも今回で最後です。

前作からまた、ハードが変わりメーカーも変わってPS2へと移行し、クロックタワー満を持しての最新作が「クロックタワー3(以下3)」です。制作したのは、以前「よくバイオハザードと比較される」と書いたカプコンです。何でヒューマンじゃないんだ!と思ったら、会社が倒産してました・・・。

最近のバイオハザードは、アクション性を重視した内容なので、あまり恐怖感はありません。グロくも無いし。一方「3」は制作がカプコンという事で、同じくアクション性が高いですが、恐怖感は相変わらず良いです。というか多分、シリーズ一でしょう。

監修には、超有名な映画監督の「故 深作欣二」が携わっていますし、意気込みは十分だから怖くないはずが無いです。

モーションキャプチャーを導入したキャラの動きは実にリアルで、声優も舞台役者を起用することで、作られていない声で(声優を批判ではなく)本当の恐怖がひしひしと伝わってきます。ややオーバー気味演技はありますが、個人的には問題なかったです。

その他のスタッフも実に豪勢で、著名人ばかり。そして、「スタッフや有名人を売りにしたゲームは、コケやすい」と言うゲーム界のジンクスがありますが、この「3」もそれからは逃れられられなかったのは言うまでもありません・・・。

前作と違う点はまず、主人公:アリッサに襲い来る敵は、「ブランチ」という区切り毎に変わります。第一ブランチはハンマー男第二ブランチは硫酸男というふうに。「3」でもシザーマンが出てきますが、かなりイカレたキャラになっています。次に違うのが、各ブランチの最後が、その敵とのアクションバトルなっている事です。

恐怖感が一番と書きましたが、理由は一点。「エグイ」からです。ハンマー男編では、女の子を撲殺されるシーンがあったり、硫酸男編では、ある親子をドラム缶に放り込み、硫酸をかけるシーンがあったりします。

ストーリーは、主人公の行動で変化はせず一本化されました。ぶっちゃけ、これが不評の一因でもあります。だって、どう行動しようが結果が一緒なわけですから、やり込みの面白さ半減ですよ・・・。ただ、二週目は敵が強くなりっていたり、アリッサのコスチュームが変更できるなど、腕に自身があるならこのHARDモードもオススメです。

あとクリア後は、残酷なムービーがいつでも見れるのはありがたいですが(笑)

「3」は従来のクロックタワーとは随分変わりましたが、アクション好きな人、恐怖感を味わいたい人にはぜひプレイして欲しいゲームです。それと、「3」が深作欣二監督の最後の作品なので、監督を偲んでプレイするのもありかと・・・。

「クロックタワー」である事を意識しなければ、十分に楽しめます。アマゾンなら1000円以下だし・・・。

ハンマー男登場は16分過ぎ辺り(全10回)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/230-d7f5c1d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック