ファンタジスタドール 第11話&げんしけん二代目 第11話

ここでは、「ファンタジスタドール 第11話&げんしけん二代目 第11話」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ファンタジスタドール 第11話「小町まちまち? 約束の献身」。人、それを腹黒という。
ささら達は元は小町のドールだったか。再会を祝うすき焼鍋が気まずい(笑)。自分が善となるか悪となるかはうずめ次第と言い放つ小町の笑顔が恐ろしいわ・・・。カレー食いながら敵の親玉である小町と会談。明らかなシリアスブレイクだろ(笑)。キャラと机の対比も変だったな。

小町の目的は、初めての友人でもあり消滅したドールのソネットの復活。それにはカードの成長が必要だけど、ささら達を手元に置いておいては成長は見込めない。だから手放してうずめに託した。成長促進の為に、対価を与える条件でカードとデバイスを他のマスターにも配り、戦わせた。そして、回収の頃合いが来たので悪魔の笑顔でうずめに接触してきたってトコか。

ソネット復活の為ならささら達の記憶が失われても構わない。小町が見た目とは想像出来ないくらい腹黒だった(汗)。一度はケンカ別れしたうずめとささら達だけど、元鞘になった所で小町とバトルで次回、最終回!


■げんしけん二代目 第11話「いい最終回だった」。本当の最終回でも良かった。
咲を中心とした初代キャラのやり取りを見てると安心して楽しめる。初代はキャラの男女比や話のバランスも良かったからね。斑目がアンジェラと付き合うと確実の童貞奪われるから、人性感が変わっちゃいそうだ(笑)。波戸がセクシャリティノーマルってのは絶対嘘だろ。そんな波戸に対する視聴者の不満は、笹原妹が代弁してたと思う。

斑目と咲のシーンは、原作読みながらドキドキしたのを覚えてる。2人の関係は「あわよくば」と願ってたけど、咲と高坂の関係は良好だから、「それ」は無いのが分かってるから余計切ない気持になるんですよ・・・。1期を知ってると告白の想いはひとしおだよね。

波戸は物理的に無理だし、アンジェラは刺激強過ぎだし、せめてスーとは上手く行って欲しいな。感動の最終回だったけど、これ見るといかに二代目キャラが薄っぺらいか分かるね。波戸、矢島、吉武にこんな感動は出来ないだろうし。スーの可愛い声も次で聞き納めと思うと寂しいな。

ファンタジスタドール vol.2 Blu-ray(12/15クリスマスイベント参加抽選応募ハガキ封入)初回生産限定版【CD付き:オーディオドラマ/OP(ささらオンリーver)/サントラ収録】ファンタジスタドール vol.2 Blu-ray(12/15クリスマスイベント参加抽選応募ハガキ封入)初回生産限定版【CD付き:オーディオドラマ/OP(ささらオンリーver)/サントラ収録】
(2013/10/25)
大橋彩香、津田美波 他

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/2153-1543fa2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ファンタジスタドール「第11話 小町まちまち? 約束の献身」に関するブログのエントリページです。
2013/09/23(月) | anilog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。