翠星のガルガンティア、進撃の巨人 第10話。

ここでは、「翠星のガルガンティア、進撃の巨人 第10話。」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■翠星のガルガンティア 第10話「野望の島」
海面に漂う元人間のバラバラ死体・・・。ピニオンの独占欲は兄貴の敵討ちが基になってるから理解出来なくはないけど、超兵器で武装して刃向う者は容赦無くぶっ潰すという考えは危険だな。海賊より性質が悪い。海賊といえば、ラケージってもう登場しないのかね。チェインバーの理屈はいかにも機械っぽいモノだったけど、少しはレドの救いになったんじゃないかな。

人が人として世代を重ね、文明を巧みに利用しながら宇宙探索をしていれば何も問題は無かった。でも、文明を否定して人としての在り方も捨てたなら、それは人ではない。それが人に仇成すなら、レドは大切な人を守るため、人として戦士として戦えばいいんだと思うな。最後、隊長は生きてたけど、一緒に居た連中が激ヤバ臭漂いまくりなんだけど・・・。ラスボス?


■進撃の巨人 第10話「応える ――トロスト区攻防戦⑥――」
毎回、人間同士の確執や葛藤はよく描かれるのに、巨人との戦いは雑魚戦ばかりでほとんど進んでないよね。今回、やっと巨人の秘密に迫ると期待してたのに全然そんなことは無かったのが残念。エレンの変身が不完全だったのは、戦いではなくミカサとアルミンを守ることに集中したからか。変身するには代償があるっぽいな。

アルミンの説得は格好良かった。今までヘタレだとか役立たずとかお邪魔虫だとかいろいろ思っててゴメンな!けど、ハゲ司令の方が圧倒的に格好良かったから、アルミンのお株がすっかり奪われた(笑)。次回こそ、地下室の秘密に辿り着くかな?

進撃の巨人 1 [初回特典:未発表漫画65P「進撃の巨人」0巻(作:諫山創)] [Blu-ray]進撃の巨人 1 [初回特典:未発表漫画65P「進撃の巨人」0巻(作:諫山創)] [Blu-ray]
(2013/07/17)
梶裕貴、石川由依 他

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
V-Dash様

初めまして、「アニメ情報 ~LABORATORY~」の管理人をしている弟です。
相互リンクをして頂きたいと思い、コメント致しました。
こちらはリンクを張らせて頂きました。

URL:http://www49.atwiki.jp/anipicbook/

ご検討の程、宜しくお願いします。
2013/06/13(木) 03:36 | URL | 弟 #-[ 編集]
初めまして!

相互リンクして頂けるのでしたら是非!文章も内容もつたないブログではありますが、よろしくお願いします!いいブログに出来るよう頑張らないと(汗
2013/06/13(木) 21:31 | URL | V-Dash #-[ 編集]
V-Dash様

「アニメ情報 ~LABORATORY~」の管理人をしている弟です。
相互リンクして頂けるとのお返事、ありがとうございます。

サイト名:アニメ情報 ~LABORATORY~
URL:http://www49.atwiki.jp/anipicbook/

ご登録の程、宜しくお願いします。
2013/06/15(土) 06:37 | URL | 弟 #-[ 編集]
V-Dash様

「アニメ情報 ~LABORATORY~」の管理人をしている弟です。
相互リンクありがとうございました。
リンク確認しました。

今後とも、宜しくお願いします。
2013/06/18(火) 05:45 | URL | 弟 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/2057-a15052a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
翠星のガルガンティアの第10話を見ました。 第10話 野望の島 『この海域に生息するヒディアーズの殲滅を確認した」 「よーし、よくやった!おいユンボロ全部出せ!!伝説のお宝
2013/06/12(水) | MAGI☆の日記
進撃の巨人「第10話 応える ――トロスト区攻防戦⑥――」に関するブログのエントリページです。
2013/06/13(木) | anilog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。